スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋山好古が学んだ藩校・明教館

 年明けから何ですか身の回りがバタバタしており、なかなかブログ更新できませんでした。そんな中、先日主人の親戚の方が急死してしまい、葬儀に参列してきました。年末に脳出血で倒れ、緊急手術の末一命を取り留め、ご家族も安堵されていたところ、3日前に容態が急変し、帰らぬ人となってしまいました。とても良い人柄の方で、主人の実家とも長年懇意にしており、私共の結婚式にも参列してくださったので、家族共々正月早々悲しみに暮れております。
 

 ところで、年が明け、この前の日曜日には今年の大河ドラマ「平清盛」が放映スタートしてしまいましたが、私個人はあまりその時代に関心が薄いので、今更という感もありますが、年末に放映終了したSP大河「坂の上の雲」の関連史跡を若干ですが紹介したいと思います。放映が終了したので観光客の数も一段落して、かえって落ち着いて見学できるかもしれません。

 こちらは秋山好古が学んだ藩校・明教館の講堂です。明教館(めいきょうかん)は、文政11(1828)年、松山藩主松平家11代当主松平定通(さだみち)公が、藩士の文武稽古所として二番町に建てられました。当時、明教館は敷地面積2500坪もの広さがあったそうです。

 昭和12(1937)年、旧松山中学校(現松山東高等学校)の敷地の一画に移築され、今日に至っています。
 明教館1

 明教館3

 内部は108畳の広さがあります。ここで論語などの講義や、入門式等の行事が行われました。
 明教館2


 明治になってから、明教館の敷地に学校が開設され、後に旧制松山中学となり、秋山真之や正岡子規も同校に学びました。彼らのほか、同校からは多くの人材が輩出しました。
 秋山兄弟

 正岡子規の外祖父・大原観山(儒者)も明教館で教授をしていました。
  正岡子規


 昭和20年(1945年)7月の松山空襲の際、同校の建物のほとんどが焼失しましたが、同校に学ぶ中学2年生の生徒たちが必死で消火活動を行い、この講堂だけは焼失を免れました。
 なお、見学の際は見学希望日の一週間前までに松山東高等学校 電話089-943-0187 へ申し込みが必要です。

 これらの写真はドラマ放映前の2007年夏に松山を訪問した際に撮影したものです。


                            つづく 


 関連記事 秋山さん(兄)家のお雑煮


   
より大きな地図で 松山東高等学校 を表示



   いつも応援、有難うございます。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。