スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ですが・・・偶然お市の方の供養塔を見つける

 先日書き綴っていた兵庫県たつの市の旅の補足です。(過去記事「龍野城」の続き)

 紅葉を楽しみ、城跡を見学した後、恒例の墓巡りをしていたのですが、龍野藩主・脇坂家の菩提寺があるというので行ってみることにしました。

 普音寺(たつの市龍野町福の神)  浄土宗のお寺さんです。藩主の菩提寺としては、少々こじんまりとした印象。
 普音寺4

 ところが、ここで本堂の脇に目をやると、小さな小屋みたいなのがあり、「お市の方御霊屋」と書いてあるのです。
 お市の方って、あの浅井長政夫人のこと!?なんでしょうか。
 普音寺3

 その中を覗いてみますと・・・お市の方の肖像画や、「お市観音」、それに御位牌まで安置されていました。
 ただし、お市観音と御位牌は数年前に作られたものらしい。
 普音寺1

   普音寺5


 どうやら、こちらのお寺の初代住職である近藤某という人は浅井家の旧臣であり、浅井家滅亡の際に長政夫妻から阿弥陀仏を預かり、本人は逃げて助かったらしい。
 その後、近藤某は出家し、脇坂安治の家臣と懇意だったことから、浅井家から託された阿弥陀仏を本尊として、寺を開いたという話でした。

 本堂の裏手に行ってみると、肝心な脇坂家の墓は見事に整理されていました。
 お寺の方に伺ったところ、当寺は脇坂家藩主の菩提寺ではなく、脇坂姓を許された一門(家臣)の菩提寺であるというお話でした。
 普音寺2

 そして、その後方に「お市の方」の供養塔があったのです。しかし真新しい墓石で、いかにも後付けといった感じです。
   お市の方供養塔

 
 そういえば、脇坂安治も元々は近江の出身ですし、開山が浅井家ゆかりの人物という話もおそらく本当だろうと思われましたが、ちょっと違和感を覚えました。
 本当に偶然というか、まったく予想しない展開でしたが、「犬も歩けば棒に当たる」とはこのことです。
 大河ドラマも終わってしまい、今更な感もぬぐえませんが、あまり一般には知られていないだろうと思うので一応記しておきます。
 実は、お江に関するネタは他にも色々あったのですが、肝心のドラマがああだったため、すっかり書く気力を失ってしまい、ネタをもてあましてしまいました。。。(泣)

 なお、肝心な脇坂氏藩主の墓ですが、帰宅後手許の資料で確認したところ、一部を除き、東京にありました。。。orz

 お寺さんで飼っている犬と猫。どちらも大人しく、こちらを見ていたのでパチリ。
 私は旅先でよく犬や猫に遭遇するのですが、もともと幼い頃から動物が苦手なため、たまに寄ってこられてもどうかまってあげていいのかわからないのが悩みのタネです。。。

 普音寺6
 普音寺7


 関連記事 柴田勝家・お市の墓

 
  よろしければこちらをクリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

ありゃー、きれいに整理されていますね。( 誠に味気ないですね。)

供養塔の跡付け感が、良い雰囲気を出していますね。(笑)

Re: NoTitle

酔いどれJohnny 様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> ありゃー、きれいに整理されていますね。( 誠に味気ないですね。)
>
> 供養塔の跡付け感が、良い雰囲気を出していますね。(笑)

 そうなんですよ!ずらーっと墓標だけが規則正しく並んでおりましたが。。。
 ここ数年、墓地整理はよく見かけますけど、歴史上の人物の墓でも無くなってしまうものがけっこうありますよね。
 時代の趨勢なのかもしれませんが、ちょっとさびしいような。

こんばんは

脇坂家の墓、なんだか味気ないですね。
整然と並んでいる姿は、始皇帝の墓の兵馬俑を思い出しましたよ。

そして、プレハブの御霊屋なんて始めて見ました。

ぽち凸

Re: こんばんは

 四十路様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> 脇坂家の墓、なんだか味気ないですね。
> 整然と並んでいる姿は、始皇帝の墓の兵馬俑を思い出しましたよ。

 兵馬俑!いやー、たしかに言いえて妙ですね。。。(゜д゜;)つ山田君、座布団3枚
 大名の菩提寺と聞いて、立派なお墓を想像して行った結果がコレでしたので。。。(汗)

> そして、プレハブの御霊屋なんて始めて見ました。
> ぽち凸

 そうですね。プレハブの御霊屋というのは全国でも珍しいのではないか、と思います。祀られているお市さんはどう思っているのか。。。
 ぽち凸も有難うございます。m(__)m
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。