スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「江」は私の理解を完全に超えた・・・

 今更何ですが、今年の大河ドラマ「江」に関する感想を。
  大河ドラマ「江」


 
 ドラマ全話終了後の先月下旬より、この件に関してアンケートを実施したところ、40名のブロガー様、当ブログ読者様より回答をいただきました。

 「大河ドラマ 『江』 全話見終わった感想は?」 

 ・面白かった  5件
 ・どちらかといえば面白かった 4件
 ・面白くなかった  11件
 ・どちらかといえば面白くなかった  3件
 ・どちらともいえない  0件
 ・見ていなかった  9件
 ・その他(ご意見を自由にどうぞ)  8件


<ご意見、ご感想>

「面白くなかった」 : 人物名は全部別名にして創作歴史物語にれば、罪はなかったのに。 (男性/60代/北海道)

「面白かった」 : 明治の男の気概、女の気丈さ、慎ましさに時代を感じた (女性/60代/新潟)

「面白かった」 : 江はすごいなぁと思いました。 (女性/10代/兵庫)

「面白くなかった」 : あまりにもヒドイ駄作だと思います (男性/40代/東京)

「面白くなかった」 : なんじゃこりゃあー (男性/50代/石川)

「どちらかといえば面白かった」 : あり得そうであり得ない。。。でもあり得たら面白そう。 (男性/40代/静岡)

「その他(ご意見を自由にどうぞ)」 : 最悪 (女性/20代/愛知)

「その他(ご意見を自由にどうぞ)」 : あ~やっと終わってくれた

「その他(ご意見を自由にどうぞ)」 : 途中から見るのをやめてしまいました。 (女性/40代/山梨)

「どちらかといえば面白くなかった」 : 主役の女優と相方の夫役の俳優に年間を通じて見られるほどの力量が感じられなかった (男性/50代/千葉)

「その他(ご意見を自由にどうぞ)」 : まともな大河ドラマ作れ (男性/10代/奈良)

「見ていなかった」 : 主役がとにかく嫌だから見なかった (女性/10代/京都)

「面白くなかった」 : 幼稚なキャラばかり。着物の色柄下品じゃなかった?? (女性)

「面白くなかった」 : 他所で一度見たが、5分と見てられなかった。見てるこっちが恥ずかしくなったほど、程度が低かったから。

「見ていなかった」 : やっと江toヘブンだわな。やっと”雲”第三部だ。清盛?やらかしたらしいんで観ない。

「その他(ご意見を自由にどうぞ)」 : 金の無駄

「面白くなかった」 : 来年の『平清盛』の予告編見たさに70分耐えました。 (男性/20代/東京)

「その他(ご意見を自由にどうぞ)」 : 途中で見るの止め江と秀吉の最初からギャグ調がきつくて背中に物ぶつけられ怒りの顔が笑顔で振り返ったり爆

「その他(ご意見を自由にどうぞ)」 : 主役以外の (女性/40代)

「その他(ご意見を自由にどうぞ)」 : ボケが進みそうなのでTV処分した。おかげで健康で文化的な生活になった。

「面白くなかった」 : 脚本も演出も映像も稚拙で、観賞に堪えない代物。

「見ていなかった」 : 早々に見るのやめた (男性/40代)

「見ていなかった」 : 韓流と一緒。嘘ばかり (男性/50代/東京)

「面白くなかった」 : 脚本内容鈴木保奈美最悪 若手女優かわいそう



《私の私的感想》

 結局、視聴率的にも過去10年でワースト3という結果が出たそうですが、やはり低迷した一番の原因は田渕久美子さんの脚本の内容が中途半端なもので、よく練られていなかったことにつきると思います。
 散々な評判であっても楽しく見ている方もいるでしょうから今まで書きませんでしたが、江本人や織田信長の「生霊」が登場したり、「清洲会議」に江が「乱入」するなど、あの場面は私の理解の範疇をもはや完全に超えていました。

 長らくNHKは女性の大河ドラマ視聴者を増やそうと色々な試みをしているのですが、オーソドックスな内容を淡々と制作していればいいものを、視聴者の気を引こうとして無理なストーリー運びを展開するといった見当違いの努力をしているため、かえって視聴者が興味を失い、ドラマから離れていってしまっているのがわかっていないのです。
 過去の大河ドラマでも、ジェームス三木さんや先日亡くなられた市川森一さんなどは相当細かいところまで勉強して脚本執筆に臨まれていました。だからこそ、歳月が経過しても鑑賞にたえうるクオリティの高い作品を維持しつづけていられるのです。
 ところが、田渕さんは長編を執筆できるだけの「体力」は充分あるのですが、どうも終始「やっつけ仕事」をしているように思えて仕方がなかったです。
 
 願わくば、制作の皆様には「大河ドラマ」の原点に立ち返り、下手に視聴者に媚びることなく、多くの人々の共感を呼べるスタンダードな作品作りへの努力を忘れないでいただきたいものです。

 なお、アンケートにご協力いただいたブロガー様、読者の皆様、どうも有難うございました。
 (上のご意見で、一部意味不明なものもありますが、そのまま掲載しております)


 
江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2011/09/30)
NHK出版、 他

商品詳細を見る

 


  よろしければこちらをクリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

大河ドラマ第50作品め

はじめまして。
(自称)大河ドラマ批評家の「一大河」と申します。
アメブロで大河ドラマのレビュー等を書いております。

記事を拝見させていただきました。
わたしもA☆六文銭さんと同意意見で御座います。

『江』と時代背景の近い『葵徳川三代』を比較すると、
前者の粗が目立ってしまいますね。
ホームドラマにしたかったのか、戦国ドラマにしたかったのか、
制作側の意図が見えてきませんでした。
第50作めという記念的作品なのに非常に残念。
いっそ大河ドラマ第50作品めは『坂の上の雲』でよいのでは
ないかと・・・思う仕儀に御座りまする。

Re: 大河ドラマ第50作品め

一大河様

 はじめまして。コメントどうも有難うございます。

> はじめまして。
> (自称)大河ドラマ批評家の「一大河」と申します。
> アメブロで大河ドラマのレビュー等を書いております。
>
> 記事を拝見させていただきました。
> わたしもA☆六文銭さんと同意意見で御座います。
>
> 『江』と時代背景の近い『葵徳川三代』を比較すると、
> 前者の粗が目立ってしまいますね。
> ホームドラマにしたかったのか、戦国ドラマにしたかったのか、
> 制作側の意図が見えてきませんでした。
> 第50作めという記念的作品なのに非常に残念。
> いっそ大河ドラマ第50作品めは『坂の上の雲』でよいのでは
> ないかと・・・思う仕儀に御座りまする。


 そうですね。記念すべき50作品めだったのに、散々な内容になってしまいました。残念なことですね。
 私は小学生のころ「徳川家康」を見たのが最初でした。ここ10年くらい、あまり大河ドラマに感情移入出来なくなりました。
 後ほど、そちら様のブログも拝見させていただきますので、よろしくお願いいたします。

こんばんは。

私も江に関しては残念でなりません。
感想はA☆六文銭さんと同じです。
一応全回見ましたが、天○人と同様に、私の記憶の中から消してしまいたい大河ドラマの一つになってしまいました。

“坂雲”に全力を注いでしまったために、江がこうなってしまったのだと、そう思うようにしていますよ(笑)

ぽち。

Re: こんばんは。

四十路様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> 私も江に関しては残念でなりません。
> 感想はA☆六文銭さんと同じです。
> 一応全回見ましたが、天○人と同様に、私の記憶の中から消してしまいたい大河ドラマの一つになってしまいました。


 そうですね。残念でしたね。役者さんはそれなりに良かったと思うのですが、あまりにもストーリーが奇想天外すぎて、リアリティに欠けており、素直に感情移入出来なかったです。
 全話ご覧になったということですが、本当にガマン強くていらっしゃいますね。


> “坂雲”に全力を注いでしまったために、江がこうなってしまったのだと、そう思うようにしていますよ(笑)
> ぽち。

 私もそう考えるようにしたいと思います。。。(笑)
 ポチもどうも有難うございます。(^^)♪
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。