スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本五十六記念館/如是蔵博物館

 山本五十六に関する記録は実はあまり多くありません。書簡や揮毫などは比較的残っているのですが、公的記録、日記、メモなど彼の職務に関する資料がほとんど残っていません。これは、海軍には現役で死亡した場合、その軍人の家から海軍に関わる記録等を係官がすべて持ち出すという規則があったため、おそらく彼の手許にあった記録は海軍の手によって処分されてしまった可能性が高いといいます。

 五十六の故郷・長岡には五十六に関するごく限られた資料を見学できる施設があります。


 山本五十六記念館(新潟県長岡市呉服町1丁目4-1 TEL0258-37-8001)
 山本五十六記念館

 比較的小さな建物ですが、五十六の人生を追った展示となっています。やはり五十六の書簡が目立ちますが、何といっても展示の目玉は、彼が搭乗し、ブーゲンビル島上空で米軍機に撃墜された海軍一式陸上攻撃機の左翼の部分と、五十六が座っていた座席の残骸です。
 これは、昭和59年(1984)2月山本五十六の生誕100年を記念して、山本元帥景仰会がブーゲンビル島のジャングルへ赴き、搭乗機の残骸を前に慰霊祭を行い、その後、パプアニューギニア政府の厚意により平成元年(1989)、左翼の里帰りが実現したということです。

 その他の詳細は、山本五十六記念館ホームページをご覧ください。




   如是蔵博物館(新潟市福住1-3-8)
   如是蔵博物館

 野本恭八郎翁が収集した資料を展示した三階建ての私的な博物館。野本翁は五十六と親交があったようで、二階部分が五十六関係の展示室になっていました。
 五十六が山本家の名跡を継いだ際唯一伝えられた裃や、彼の肖像画、着用していた軍服、昭和天皇から下賜されたという義指〈彼は日本海海戦時の事故で指2本失っている。詳しくは過去記事「【坂の上の雲】戦艦三笠の運命(二)」を参照のこと)など遺品が展示されてありました。
 その他、五十六や河井継之助の書などもありました。


  
聯合艦隊司令長官 山本五十六聯合艦隊司令長官 山本五十六
(2011/11/08)
半藤 一利

商品詳細を見る



     りらっくま
 よろしければこちらをクリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。