スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本五十六生誕の地

 山本五十六は明治17年(1884年)4月、旧長岡藩士高野貞吉・峯夫妻の6男として長岡本町玉蔵院町に生まれました。
 「五十六」の名は父・貞吉が56歳の時生まれたために名付けられた話はあまりにも有名です。
 
 高野家は代々長岡藩の儒者の家柄で槍術師範も兼ねており、幕末には禄120石取りであったといいます。
 余談ですが、高野家の家系図を見ていたところ、ご先祖はもともと下野国の在であったようで、江戸時代初期に牧野家に出仕した初代・高野七郎左衛門という人の兄は意外にも真田家の家臣でした。

 父・貞吉は長谷川家より養子として高野家に入った人で、養子先である高野貞通の長女と結婚し子をなしますが、妻が早世し、その妹である次女と再婚するもまた早世、そのまた妹の三女・峯(五十六の母)とは再々婚ということでした。どおりで兄弟が多いわけです。
 幕末、北越戦争の折に祖父・貞通は77歳の老躯をおして参戦し、戦のさなか討死を遂げました。なお、父貞吉と五十六の兄二人も従軍し負傷しますが、無事長岡に戻ることが出来ました。

 明治維新後、父・貞吉は柏崎県庁に出仕し、教養が深かったことが評価され、古志郡村松村(現長岡市)の小学校長を務めています。
 官軍との戦いで城下は丸焼けとなり、高野家でも家が焼失したため、貞吉は木羽葺きの小さな家を建てました。この家で五十六は誕生します。

 五十六の生家跡は現在、史跡公園として整備されています。(長岡市坂之上町3)
 山本五十六生誕の地

 
 五十六の生家。元あった家は残念ながら昭和20年(1945年)の長岡大空襲で焼失したため、戦後長岡市によって復元されました。
 一階は玄関、六畳二間と四畳半の部屋、台所、便所、納屋があり、二階は二畳、四畳、六畳の部屋と物置がありました。
 高野家は子供が多い上、五十六の腹違いの兄の子(甥、姪)らも同居しており、この狭い粗末な家で身を寄せ合うように暮らしていたと思われます。
   山本五十六生家1


 一階の部屋。五十六の手紙が飾ってありました。
    山本五十六生家2


    部屋の中に何故か五十六の胸像(石膏像)が安置されていました。
    山本五十六生家5


  生前、五十六が好んで揮毫した「常在戦場」の書。「常在戦場」の四文字は五十六のオリジナルではなく、主家である牧野家の家訓でした。
  山本五十六生家3 常在戦場


  とても急な階段を上がり、二階には五十六が使用していた二畳の勉強部屋がありました。(ちょっとピンボケですが)
  家がもともと儒者の家系ですから、五十六もまた幼少の折から勉学に励みました。
    山本五十六生家4

 とにかく家中が狭い上、歩くたびに床がギシギシ軋み、このままでは床が落ちるのではないか、と不安になったので早々に退散しました。


 公園内には五十六のブロンズ製の胸像があります。戦時中、茨城県の霞ヶ浦にコンクリート製の全身像があったそうですが、敗戦後に敵をはばかって湖底に沈められたそうです。その像を元に改めて造られたものだということです。
    山本五十六胸像

      胸像のアップです。
    山本五十六胸像


                      つづく


    りらっくま
 いつも覗いてくださって、どうも有難うです♪
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。