スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤とんぼ」の里の紅葉

 「【駅弁】チキン弁当2011クリスマスヴァージョン」 のつづき
 
 先々週ですが、関西に用事があったので、ちょっと足を伸ばして兵庫県たつの市を訪れました。
 JR姫路駅より姫新線に乗り、本竜野の駅へ到着しました。来たのはこれが初めてです。
      本竜野駅

  JR姫新線

 ふと駅のホームの傍らに目をやると、なにやら石像が立っています。
 そうです。ここ龍野は童謡「赤とんぼ」の舞台となった町なのです。

  ♪夕焼け小焼けの 赤とんぼ 負われて見たのは 何時の日か♪

 という誰でも口ずさんだことのある有名な歌ですね。この石像は、「赤とんぼ」の三番

 ♪十五でねえやは嫁にゆき お里の便りも絶えはてた♪
 
 という部分を表現しているようです。
 季節はすでに晩秋で赤とんぼを見ることは出来ませんでしたが、山に囲まれた自然豊かな土地という印象を受けました。
 本竜野駅2


 駅から市街地まで少々距離があるので、元気だったら歩いたのですが、今回は私も連れも体調不良だったためタクシーに乗っていくことに。
 最初に来たのは紅葉の名所という「聚遠亭」。かつて、龍野藩主・脇坂家のお屋敷があった場所です。
 「寛政の改革」で有名な老中・松平定信がかつてこの地を訪れた際、ここからの眺望絶景を讃えて「聚遠の門」と呼んだことに由来しているそうです。今は木々が生い茂って遠くは見えなかったのですが、昔は遠く瀬戸内海の島々が眺められたそうです。
 
 邸内は手入れが行き届いており、噂に聞いていたとおりちょうど紅葉が見ごろを迎えていたので、その写真を数枚載っけておきます。
 
 茶室 安政年間、藩主・脇坂安宅が京都所司代の職にあった折に御所が炎上し、その復興に功績があったとして孝明天皇から拝領したといい伝えられています。庭園、池などと調和した書院造りを模した数奇屋風の建築です。

  聚遠亭1

     聚遠亭


 御涼所  1800年代中期に建てられたと推定される藩主脇坂家とその家族が住んだ屋敷。内部はその後改変が重ねられているそうです。床下には城へとつづく抜け穴があったとか。〈中には入れませんでした)
  聚遠亭4


     聚遠亭6

 
 はやり山里深いという土地柄、気温が低いせいか、私の住む南関東よりも紅葉の発色が鮮やかだったです。
  聚遠亭2


  聚遠亭3

 心字池には鯉が数匹泳いでいました。
      聚遠亭5



 聚遠亭の手前には「龍野神社」」があり、賎ヶ岳の七本槍の一人であった脇坂家始祖・安治公を祀っています。
 
 龍野神社

  

                      つづく

    りらっくま
 いつも覗いてくださって、どうも有難うです♪
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 紅葉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

「赤とんぼ」の舞台が、龍野だったのは知りませんでした。

近頃、童謡が心に染みる年齢になった気がします。

Re: NoTitle

酔いどれJohnny 様

 こんにちは。コメントどうも有難うございます。

> 「赤とんぼ」の舞台が、龍野だったのは知りませんでした。
>
> 近頃、童謡が心に染みる年齢になった気がします。

 赤とんぼこそ飛んでいませんでしたが、風情ある城下町でした。「赤とんぼ」等、亡き祖母がよく歌ってくれた記憶があります。
 
 日本の古きよき歌を後世にも大切に伝えていきたいものですね。

寅さん

男はつらいよ17作「寅次郎夕焼け小焼け」が龍野が舞台でした。
美しい町並みを背景に宇野重吉さんとかマドンナ役は大地喜和子さんでしたね。
48作の中でもじーんとなるような味わいのある傑作でした。

逆から順番に毎週1作づつ観て1年間かかったことがありました。
寅さんがどんどん若くなって面白かったですよ。
1度は訪れてみたいところですね。

Re: 寅さん

 柴様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> 男はつらいよ17作「寅次郎夕焼け小焼け」が龍野が舞台でした。
> 美しい町並みを背景に宇野重吉さんとかマドンナ役は大地喜和子さんでしたね。
> 48作の中でもじーんとなるような味わいのある傑作でした。

 そうでしたか。。。太地さんがマドンナの回はあいにく見たことがありませんでした。今度見てみようと思います。

> 逆から順番に毎週1作づつ観て1年間かかったことがありました。
> 寅さんがどんどん若くなって面白かったですよ。
> 1度は訪れてみたいところですね。

 うちの父も全回映画&ビデオで見たことがあるようです。日本各地でロケを行いましたから、観客もちょっとした旅気分を味わえますね。
 今回龍野へやってきて雰囲気の良い街でしたので、また機会があれば再訪したいと思いました。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。