スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池波正太郎「アンヂェラス」

 都内台東区西浅草にある、「池波正太郎記念文庫」では、現在
企画展「池波作品の舞台は今!『青春忘れもの』」を開催中です。(12月14日水まで)
   池波正太郎記念文庫

 時代小説作家・池波正太郎ですが、『鬼平犯科帳』『剣客商売』など数々の人気作品を世に送り出した人で、彼は浅草で生まれ、育ちました。
 「池波正太郎記念文庫」は平成13年に、彼とゆかりの深い浅草の地に開設されました。同文庫は図書館の中の一画にある狭いスペースなのですが、折々に池波作品を紹介する展示やイベントなどが開催されています。
 今回の展示は、池波の自叙伝エッセイである『青春忘れもの』の舞台となった場所の現在の様子を写真パネルで展示してあり、池波ファンでこの本を読んだことのある人には懐かしく思える内容だと思います。

  
青春忘れもの (新潮文庫)青春忘れもの (新潮文庫)
(2011/05/28)
池波 正太郎

商品詳細を見る


 同文庫の様子を写真でお伝えしたいところですが、著作権の関係上残念ながら撮影禁止となっているので、くわしくは同文庫のHPをご覧ください。
 
 参考サイト 池波正太郎記念文庫

 
 その後、図書館を出て、暮れ方の浅草寺へ。日が落ちるのが早いため辺りはすでに真っ暗ですが、社殿や五重塔はライトアップされてました。浅草寺へ来るのは本当に久しぶりです。(2年ぶりくらい?)
 撮影はできませんでしたが、境内から「東京スカイツリー」が眺められました。
  浅草寺
   浅草寺五重塔

 
 お参りをすませた後、お寺の近所、オレンジ通りにある有名喫茶店「アンヂェラス」(台東区浅草1-17-6)へ。
 生前、池波正太郎がよく通っていたという昭和21年(1946年)創業の老舗の喫茶店です。
  アンヂェラス6

 実はこのお店、私共夫婦が始めてデートで訪れたお店でした。
 私たちは偶然知り合ったのですが、少し話してみると、彼も池波のファンということで意気投合!とまでは行きませんでしたが、なにせお互い共通の話題がほどんとなかったので、話のタネに来てみたのでした。
 今から9年前のことです。
   アンヂェラス1

 
 店内は昭和モダンな香りが漂ってきそうな、レトロな感じの内装になってます。テーブルや椅子等は創業当時から使用しているものもあるそうです。この日はクラシック音楽が流れていました。
 店員さんへ促され、禁煙の2階席へ。いつも先客がいて撮影するのも遠慮してしまってましたが、今日は空いていたのでパチリ。
 以前ですが、美食評論家の山本益博さんが隣席にいたのを見たことがあります。
  アンヂェラス5

  アンヂェラス2


 
 私が席へついて荷物の整理などをしていたら、うちの人が私に確認もせず、勝手に注文してしまいました。お店の人はさっさと階下へ行ってしまったので、いまさら取り消すことも出来ず。。。

 そして、すぐに注文の品が運ばれてきましたが。。。
 池波が好きだった水出しの「ダッチコーヒー」(アイスコーヒー)600円と、ロールケーキにチョコレートをコーティングした「アンヂェラス」320円。ブラックとホワイトと2種類あります。上品な甘さのケーキです。

 この「ダッチコーヒー」はうちの人が好きで、いつもここへ来ると必ず注文してしまいます。
 しかし、季節はすでに晩秋で吹きつける風も冷たく、私個人はやっぱり暖かい飲み物に変更しときゃよかったと少し後悔しました。
 アンヂェラス4


 飲み物のメニュー表を見ると、価格が90年代の頃のまんまという感じです。(例 ブレンドコーヒー、レモン・ミルクティー 530円~)
 市価よりは若干高めな印象がありますが、場の雰囲気とゆったりとした時間を楽しむというならこんなもんかな、と思います。
 なかなかこういう落ち着いた雰囲気の喫茶店は自宅の側には見当たらないもので。。。池波を偲びつつ、久しぶりにゆっくりと過ごすことが出来ました。
  アンヂェラスメニュー表

  

 しかし、やっぱりアイスコーヒーは失敗でした。
 この帰り道、私は悪寒がし、翌日急に熱が出てぷっ倒れました。。。(++)



 
より大きな地図で アンヂェラス を表示



 関連記事 池波正太郎お気に入りの店 喫茶「まるも」
        池波正太郎「ひつまぶし」
 
 
  りらっくま
 よかったらクリックお願いしま~す♪
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

あらら

通常、暖かい国で好まれるものは「体を冷やし」 寒い国の場合は「体を温める」物が多いので注意ですね。
といっても、小生も「ダッチコーヒー」大好きですが(爆)
季節が厳しくなりますので御自愛下さい。

Re: あらら

酔いどれJohnny 様

 こんにちは。コメントどうも有難うございます。

> 通常、暖かい国で好まれるものは「体を冷やし」 寒い国の場合は「体を温める」物が多いので注意ですね。
> といっても、小生も「ダッチコーヒー」大好きですが(爆)
> 季節が厳しくなりますので御自愛下さい。

 どうも有難うございます。いつもは「アンヂェラス」へ来るとたいていウィンナーコーヒーを注文しているのですが、今回はうっかりしてました。
 Johnny様は浅草界隈はお詳しいから、やはりアンヂェラスもご存知でしたね。本当にシックな雰囲気のあるお店だなと思います。ダッチコーヒーも夏場だったら最高なんですけどね(苦笑)

 このところ急に寒さが厳しくなってきましたので、お互い体調を崩さないよう注意したいものですね。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。