スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅井三姉妹 初と京極展(丸亀市立資料館)

 ※先日は体調不良のため、ブログお休みさせていただきました。お見舞いのお言葉いただいた方、ご心配おかけしました。
 <(_ _)>

 今年の大河ドラマ「江」が昨日で最終回だったようです。ところが、あいにく自分は熱のためぶっ倒れておりましたので、これを見ておりませんでした。
 今回の記事は全放送が終了してから書いても仕方がないような気もしますが、一応記しておくことにします。

 今月はじめの香川県滞在時、時間があったので丸亀市にある丸亀城を撮影しなおしに行きました。
 丸亀城に関しては、昨年の春、このブログをはじめて間もない頃に詳しく書きましたので、そちらをご参照ください。
 
 過去記事 丸亀城〈一) ~ 丸亀城(四)

 ところが、あいにく晴れマークがついていた天気予報がはずれ、曇天の上、小雨まで降ってきたので城の再撮影を途中で諦めました。
 仕方がないので、城山の麓にある丸亀市立資料館で開催中だった
「浅井三姉妹 初と京極展」(先日27日にて終了しています)
を見てきました。
 丸亀市立資料館
  浅井三姉妹・初と京極展

 実は昨年も同館へ来てみたことがあるんですが、施設も古めかしくて、失礼ながらパッとしない資料館という印象でした。ほとんど展示らしい展示もなく、20分くらいで退出した記憶があります。
 丸亀藩は、一度は無嗣断絶した後再興された京極家が幕末まで治めていたこともあり、今年になって大河ドラマ関連の展示を行い、リニューアルしたようです。
 下の写真のように、浅井三姉妹のキャラも登場して、関連イベント等もやっていた模様です。
 浅井三姉妹

 で、展示のほうは一階の展示室一杯に100点の史料が展示され、そこそこボリュームがありました。
 中でも目玉であったのは、お江が実娘で姉・お初へ養女にやった初姫に宛てた手紙というのが2通展示されていました。これは、東京の京極家の御子孫宅で見つかったようです。
 内容はどちらも贈答品のやり取りに関することや「息災ですから安心してください」みたいな他愛ないものでしたが、生んですぐ養女にやった娘に対してもお江が実母としての心遣いをしていたことがわかります。
 
 その他、お初が葬られた若狭・小浜に伝わる関連資料や、徳川家康や秀忠の書状、豊臣秀頼が京極忠高へ与えた脇差など京極家に伝わった品々がありましたが、おそらく戦後京極家が手放したと思われるものが実にこの資料館にまとまって所蔵されていたんですね。これまで所蔵していながら、あまり展示もされていなかったようです。
 毎年のことですが、大河ドラマの放映により今まで一部の人にしか知られていなかったものや、未発見の史料が発掘されたりするので、やはり全国放送のドラマのが及ぼす影響は多大なものがあります。

 この日は休日だったこともあり、多くの見学者が訪れていました。ご年配の方々が目立ちましたが、「お江が云々」など同行者と話しが弾んでいる様子が見られました。(昨年来館時閑古鳥が鳴いていたのがウソのようです)
 これより前に、松江歴史館で見学した京極忠高の展示よりも展示点数が多く、それなりに見ごたえがあったのに、予算不足だったのか図録が作られていませんでした。(無料のパンフはいただけましたが)
 かれこれ1時間くらいゆっくり見学し、同館を退出しました。

 丸亀市立資料館
 
より大きな地図で 丸亀市立資料館 を表示


 ☆大河ドラマ「江」全話終了アンケート!(お時間のある方のみお答えください)
  
 
 
   ******************************

 ところで、資料館のすぐ前で今流行りの「ご当地ゆるキャラ」を発見しました。
  京極くん

 私は知らなかったのですが、帰宅後調べてみたら「京極くん」というご当地キャラだそうです。今年の夏に登場したばかりとのこと!なかなかの好青年?です(笑)
 こちらが不思議そうに眺めていたのを察知したのか、中の人がポーズをとってくれましたので一枚パチリ。この日、お城でミニイベント開催のため出陣中だったようです。
 
 丸亀は最近観光客の誘致に力を入れているようです。私などは城下町の名残があって道がわかりやすく、箇所は少ないながらも周辺の史跡巡りがしやすくて良かったのですが、残念ながら駅前の商店街が少々寂れてしまっており、昨年来た時もそうでしたが、車はそこそこ多いのですが、人の影がほとんど見当たらず、歩いていてさびしかったです。
 私見ですが、おそらく交通網の発達により人の流れが岡山方面へ行ってしまっているのではないか、と思われます。
 「京極くん」のようなご当地キャラの登場で、今後歴史ある町として各方面へアピールしていくことが期待されます。
 

  丸亀ご当地キャラ「京極くん」
  京極くん2
 よかったら応援よろしくね!
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

今度行きますよ

お加減はいかがですか?
近々四国縦断の旅に出かける予定です。
先ず最初に訪れるのが丸亀。「京極くん」に会えるかもしれません。

写真を見ると、丸亀城の天守は意外と高いところにあるのですね。

Re: 今度行きますよ

柴様

> お加減はいかがですか?
> 近々四国縦断の旅に出かける予定です。
> 先ず最初に訪れるのが丸亀。「京極くん」に会えるかもしれません。
>
> 写真を見ると、丸亀城の天守は意外と高いところにあるのですね。


こんばんは。ご心配有難うございます。一応、医者からもらった薬を飲んで、ボチボチといったところです。

四国の旅良いですね!丸亀ですが、小高い城山の上に天守があるので、少しきつい坂を登ります。天守は本当に小さいですよ。
土日とかならお城でミニイベント等やっているかもしれませんね。それから、麓のおみやげ屋で団扇(この土地の名産なのです)が売ってますが、ちょっとこの時期は季節はずれですよね。。。(笑)
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。