スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮世絵戦国絵巻~城と武将~

 東京・原宿にある浮世絵-太田記念美術館では現在、特別展
「浮世絵戦国絵巻~城と武将~」を開催中です。(今月27日まで)
 
 参考サイト 浮世絵-太田記念美術館
 
 太田記念美術館

   浮世絵戦国絵巻

 
 【展示趣旨】
 天下統一をかけて争った戦国の武将たち。その波乱の生涯は多くの人々を魅了し続けてきました。また彼らが各地に築いた城の数々は、幾多の攻防の舞台となり、残された遺構は戦国の名残を今に伝えます。
 近年、ドラマや映画、小説、あるいはコミックなどの影響で、若い世代の女性も含め、戦国武将や各地の名城への人気が一段と高まっています。
 江戸や明治の人々にとっても、英雄たちが活躍した戦国時代への憧れは強かったと見え、浮世絵師たちは数多くの作品を迫力に満ちた筆致で描いています。本展は、浮世絵に描かれた名城や戦国の武将たちに焦点を当てる展覧会です。


 私自身、あまり浮世絵には関心がないのですが、ある日、「日本100名城スタンプラリー」を主催している日本城郭協会のHPを何気なく見たところ、今回太田記念美術館と共催で同展を開催するという告知が掲載されていたので、行ってみることにしました。
 この展示、先月から開催していたのですが、前期(10/1~10/26)が「群雄割拠の時代~本能寺の変」、後期11/1~11/27)が「天下統一~戦国時代の終焉」ということで展示替がありました。私が行ったのは前期のほうです。
 前期展示では戦国時代前期ということで、武田信玄、上杉謙信、織田信長などの姿を描いた絵が目立ちましたね。江戸時代の人々も戦国時代の合戦・・・たとえば「川中島合戦」であるとか「長篠の戦い」など・・・については描く方も見る方も関心が深かったとみえ、それにちなんだ絵が多数描かれていたことがわかります。
 ただし、江戸時代は浮世絵を描くにも一定の「規制」があって、「太閤記」や、徳川家康に関して描くのはNGだったそうですし、検閲もことのほか厳しかったみたいです。
 また、江戸時代の後期になると、お上の検閲が厳しいことから、世情をそのままダイレクトに描くことが出来ないため、戦国時代を借景として同時代の事件等を描いていたりするので、その辺の暗喩を読み解くことが必要になってきます。もっとも、江戸時代の人たちは、描かれた浮世絵に隠された真のテーマを、見る側もちゃんと把握出来てたわけですね。
 まあ、その辺はあまり難しく考えずに、眺めているだけでも楽しいかもしれません。
 それからお城の絵に関しては出品数が少なかったですが、姫路城の築城をテーマにした絵や、羽柴秀吉による「高松城の水攻め」の絵などがあって面白かったです。
 ただし、お城によっては当時石垣がないのに絵には描かれていて、その辺は「ご愛嬌」です。

 後期展示も面白そうだったが、いかんせん時間的余裕がないので、図録を買ってそれで済ますことにしました。今頃は真田幸村とか伊達政宗とか「歴女」にも人気の武将を扱った展示があるはずです。
 


   ***************************

 展示を見た帰りに、原宿駅前にある「九州じゃんがら」に2,3年ぶりに寄ってみることにしました。
   じゃんがら2
  
 独身の頃は職場や家が近かったこともあり、この原宿店や赤坂店などはよく行ったものですが、結婚後引っ越してしまってからは滅多に行かなくなってしまいました。
 知らない間にいろいろメニューが増えていました。昔は並んで入ったことが多かったように記憶していますが、この日は空いていてすぐ入店できました。
 注文したのは「九州じゃんがら全部入り」(1000円)で、久しぶりに美味しくいただくことが出来ました。
  じゃんがら1

にしこくん登場!
   にしこくん
  よろしければクリックお願いしま~す★
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

思わず

「九州じゃんがら全部入り」に、目が行ってしまいました。(爆)

秋葉原にも御店が有るのですね 明日は定期健診なので、行けたらいいな・・・。

Re: 思わず

酔いどれJohnny 様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> 「九州じゃんがら全部入り」に、目が行ってしまいました。(爆)
> 秋葉原にも御店が有るのですね 明日は定期健診なので、行けたらいいな・・・。

 そうですね。秋葉原店は学生時代行ったきりです(笑) 先週、久しぶりに秋葉原へ行ったら駅近辺がかなり整備されていました。
 「じゃんがら」らあめんはこってりとんこつ系ですが、昔よりメニューが増えたみたいなので、いろいろ試してみてくださいませ。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。