スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和大鉄道展(香川県立ミュージアム)

  昭和大鉄道展

 現在、香川県高松市にある香川県立ミュージアムにおいて、
「昭和大鉄道展」が開催されています。(今月27日まで)

 参考サイト 香川県立ミュージアムHP

 【展示趣旨】
 鉄道は1872(明治5)年の開業以来、めざましいスピードで全国に路線網を拡大し、旅客・貨物輸送に重要な役割を果たしてきました。 香川県では、1889(明治22)年に初めて讃岐鉄道が開業し、大正から昭和初期にかけては、観光地を結ぶ電車網が整備されました。戦後になると、車両の改良やダイヤ改正などにより、より速く便利な輸送の実現に取り組みました。 鉄道は、毎日の生活に欠かせない交通手段であり、進学・就職・結婚など「旅立ち」の場面とともに記憶に刻まれています。 本展では、香川県に鉄道が開通し発展してきた過程や、人々の思い出に残る鉄道の姿を実物資料や車両模型、写真等によって紹介します。


 こちらの展示は、私がというより、うちの主人が興味を引かれて同行したものです。
 主人も東京出身ですので、四国にはまったく縁がないのですが、学生時代、四国を鉄道旅行したことがあり、多少関心があったということです。
 私は正直、あまり鉄道には関心がないのですが、「100名城巡り」の過程で、四国内の移動の際、数度利用させていただきました。
 
   予土線(JR窪川駅にて)
  予土線

   高徳線(JR高松駅にて)
  高徳線

  

 展示室入口から入ってすぐ、昭和30~40年代の高松市内?と思われる町の風景(食堂や映画館など)が原寸大の模型で再現されており、来場者は当時にタイムスリップしたかのような感覚に見舞われます。
 やはり鉄道に関する展示ですので、列車のヘッドマークや行き先表示板など、鉄道コレクターの方が収集したものが目立ちました。中でも、山本不二男(1896~1982年)さんという個人の方が収集していた乗車券のコレクションというのが圧巻でした。山本さんは特に交通資料のコレクターとして全国的に有名な方だそうで、彼が集めたコレクションは現在、奈良県の天理大学に所蔵されているそうです。
 また、戦前の旅行パンフレット(香川県ですので金比羅さん関係のもの)等もいろいろ置いてあって、以外とカラフルに作られていたのが印象的でした。

 来場者は子供さんからご年配の方たちまで様々でした。鉄道は生活に密着していますので、広い世代で共感を呼んだのだと思います。もちろん、鉄道マニア?っぽい方たちも目立ちました。
 マニアの方たちは展示物を見ながら色々語らっているのですが、小耳をそばだてていたところ、かなりディープな内容で、ここではうまく再現できません(笑)しかも、語らっている同士、どうも知り合いという訳ではなく、その場でお互い初対面のマニアさん同士で話が弾んでいる模様でした。
 
 展示の一番最後のところで、事前に香川県民の方たちから四国内の鉄道や廃止された宇高連絡船の写真を募集したものが数多く展示されていました。
 そのほとんどが、応募者のご家族が必ず写っているのです。「○○年、亡父が撮影したものです」「娘が幼い頃の写真です」等のキャプションがありました。
 こうしてみると、鉄道や連絡船は市民の方々の「家族の思い出」と密接に結びついていたのでした。それらを見ていて、見ているこちらまでどこか懐かしく感じられ、そして暖かい気持ちになりました。歴史資料もいいのですが、私的に気を引かれたのはこのエピローグの部分でした。
 私自身あまり鉄道には詳しくなく、四国に土地勘がないためうまく概要を説明できないのがもどかしいですが、多数の展示資料から四国4県の交通網の発展の歴史が辿れるようになっており、素人から見ても構成が良く出来ていたと思います。(担当したのは女性の学芸員さんだそうです)
 
 展示は27日(日)までですので、近隣の方はどうぞご覧になってみてください。しばし、ノスタルジアにひたれることと思います。
 
 

 アナゴ君
 フグ田くーん、クリックよろしく~♪
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。