スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宍道湖の夕日

 つづき

 こうして松江で一日観光を楽しんだわけですが、季節は秋となり、日が暮れるのが早くなっています。
 そろそろ帰り支度をしなければならない時刻です。
 
 帰京する前に、どうしても見ておきたい風景がありました。
 宍道湖から眺めた夕日です。
 3年前(2008年)、一応夕日を見たのですが、撮影した位置が悪かったのか、あるいは多少雲が出ていたこともあり、イマイチの写真になってしまいました。
    宍道湖 2008年

 
 宍道湖の夕日を見るには、宍道湖畔にある島根県立美術館の裏手がおススメスポットだということで、さっそく行ってみました。(床几山からの帰り道でしたので)

 参考サイト 島根県立美術館HP (日没時間等の記載があります)

 すでにそこには、夕日目当ての人々が大勢集まっていました。
 旅行客らしきグループ、サラリーマン風の方、恋人同士の方、近所の散歩中の方など様々です。
 皆一様に、デジカメやカメラ付携帯電話などを向けて、夢中で撮影しています。
    宍道湖4

 私が現地についたのは夕日が沈んでいくギリギリの時間だったようで、撮影できたのはほんの数枚に過ぎませんでした。
 (写真はクリックで拡大します)
  宍道湖2

 
  宍道湖1

 
 あーあ。撮影開始してから、ものの5分くらいで、太陽はたちこめた雲の彼方へ消えていってしまいました。。。(´・ω・`)
 夕日を拝めるのって、ほんの一瞬ですね。この季節、日没が早いというせいもあるかと思います。
  宍道湖3


 実はこの直前、うちの主人は「陽のあるうちに、石碑?を撮りに行く」などと言っているので、彼には勝手に先へ行ってもらい、私は袂を分かつことにしました。こんなキレイな夕日よりも石碑のほうが大事とは。。。わが夫ながら、信じられません(呆)
 おかげで夕日をバックに自分の姿は撮影してもらえませんでしたが、仕方ないですね。
 前回よりは雰囲気ある写真が撮れて満足です。次、いつまた松江に来れるかわかりませんので。。。
 旅の最後を彩る、美しい風景でした。
 
 

 夕日の写真を友人に写メで送ったらとても喜んでもらえました。


 少々長くなってしまいましたが、以上で松江の旅については終了です。

 


  松江400年祭キャラクター「あっぱれくん」
 あっぱれくん
 お城も良いが、宍道湖の夕日もサイコーじゃのう。あっぱれあっぱれ♪
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

絶景ですね

あまりに綺麗で心が洗われる様です 
ですが、夕焼けは若干「寂しさ」も感じますね。 

実は小生も、石碑を撮影に行ったと思います(笑)

Re: 絶景ですね

酔いどれJohnny様

こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> あまりに綺麗で心が洗われる様です 
> ですが、夕焼けは若干「寂しさ」も感じますね。 

 そうですね。夕日を眺めていた人々は静かに黙りこくって、日が沈んでいくのを見守ってましたね。「黄昏る」というのはこのような状態を言うような気がします。
 

> 実は小生も、石碑を撮影に行ったと思います(笑)

 やっぱり、、、そうですか。。。(^ω^;)
 まあ、お一人のときはそれでも良いと思いますが、ご夫婦で行かれた際はぜひ夕日をバックに奥様を撮ってさしあげてくださいませ(笑)
 写真よりも、実際の風景のほうが美しく、心奪われます。。。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。