スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼてぼて茶

 つづき

 松江に行く前、テレビの旅番組でたまたま松江について取り上げられていました。そこで見たのですが、松江には昔から
「ぼてぼて茶」と呼ばれるお茶があるそうで、うちの主人がちょっと試してみたいということで、松江城二ノ丸跡にあるお茶屋さんへ。ちょっと休憩です。
  ちどり茶屋

 お店のおねーさんへ、「ぼてぼて茶」を注文します。一人前450円。
 しばし待って、出てきました。
  ぼてぼて茶

 煮出した番茶を丸い器に入れ、茶筅で泡立てます。その時、「ぼてぼて」という音がすることから、こういう名前がついたのだとか。
 そこへ、おこわ、煮豆、糸昆布、刻んだ漬物・高野豆腐などを入れます。(具材はありあわせのものでいいそうです) それを箸など使わないで一気に流し込んでいただきます。
 頂いた感想は、いわばお茶漬けっぽい感じでしたね。あっという間に飲み干してしまいました。

 この「ぼてぼて茶」ですが、元々、奥出雲のたたら製鉄の職人達が高温で過酷な作業の合間に、立ったまま口に流し込んでいた労働食に由来するという話があります。また、松平不昧公の時代の非常食だったと言う説や、上流階級の茶の湯に対抗して庶民が考え出した、趣味と実益を兼ねた茶法だとする説等いわれているそうです。
 松江の方は家庭でも「ぼてぼて茶」をいただくそうですが、現代の感覚ですと、「おやつ」っぽいノリでいただく感じでしょうかねえ。
 松江城の御茶屋さんだけでなく、市内の喫茶店や郷土料理屋さん等でも提供しているそうなので、どうぞ探してみてください。




 松江400年祭キャラクター「あっぱれくん」
 あっぱれくん
 この「ぼてぼて茶」、器を片手でもって一気に飲み干すのはけっこう難しいんじゃよ。ぜひお試しあれ
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

美味しそうですね

松江に行った時は、「ぼてぼて茶」をいただいてみます。(興味津々)

Re: 美味しそうですね

酔いどれJohnny 様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> 松江に行った時は、「ぼてぼて茶」をいただいてみます。(興味津々)

 とても珍しいので、ぜひぜひお試しください。それと、少々墓参りも。。。(松平家の墓所等があります)
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。