スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から7ヶ月 仙台城は今・・・(前)

 伊達政宗の墓「瑞鳳殿」を見た後、また「るーぷる仙台」に乗って仙台城を目指したわけですが、3月11日の震災により、仙台城の石垣が崩壊したため、大手道を抜けていく道路が車両通行不可になった影響で、現在「るーぷる仙台」は迂回ルートで運行しております。
 参考サイト⇒仙台市交通局「るーぷる仙台」

 震災前だったら、瑞鳳殿から仙台城まではバスで5,6分程度で行けた筈ですが、震災後は東北大学の青葉山キャンパス方面へ迂回してくため、いつもの倍以上時間がかかってしまいました。ですから、仙台駅からだと30分くらいはかかってしまうのではないかと思われますのでご注意ください。
 (※一般の車も大手門脇櫓からのルートは入れません)

 「るーぷる仙台」は本丸駐車場の方に設置された臨時バス停に着きました。
 写真を撮り忘れたのですが、埋門跡のある方ですね。(下の写真は2008年9月撮影)
 仙台城埋門跡(2008年)

 仙台城の鳥瞰図はこんな感じです。(↓クリックで拡大します)この図を見ると、江戸時代の仙台城がいかに大きな規模だったかがよくわかります。
 仙台城鳥瞰図


 神社やお土産屋さんを通り過ぎて本丸跡地へ。かつてはここに御殿などの建物がありましたが、明治維新後すべて取り壊されてしまいました。
 仙台城本丸跡(2011年)


 前回来た時は悪天候でしたが、今回はやっと青空のもとで政宗公の勇姿をカメラに収めることが出来ました。
伊達政宗銅像(2011年)

 週末だったので、「伊達武将隊」の皆さんの姿がありました。武将隊の方々は「ずんだもち」を合言葉に、積極的に観光客へ声掛けを行っていました。当然ことながら、若い女性にも人気です。
 後で私たちも一緒に記念撮影していただきました。
 伊達武将隊

 武将隊の方に話を聞いたら、甲冑のフル装備でだいたい20㎏はあるといってました。夏場はさぞや大変だったことでしょう。
 写真は撮れませんでしたが、若い女性のメンバーの方(「くの一」さん)もおられ、忙しく走り回っていました。皆さん、本当に頑張っておられました。
 参考サイト⇒「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」公式サイト


 本丸跡は見たところ、隅っこのほうが一部立入禁止になっていたぐらいで、目立った被害状況は見てとれませんでした。
  DSCF6514_20111017141659.jpg

 
 なお、100名城のスタンプは「仙台城見聞館」というガイダンス施設の中の事務室にあります。事務所の方に声かけて出してもらってください。
  仙台城見聞館
 
 下の写真は2008年9月初回訪城時に撮ったものです。この頃はやっと55城目で、折り返しを過ぎた頃。今にして思えば懐かしいです(笑)
  仙台城スタンプ


 「追記の開閉」をクリックしてください↓
 本丸を見終わったので、詰門跡の方へ降りていきます。
 仙台城詰門


 詰門前の車道はご覧のように通行止めに。
 仙台城詰門付近車道b

 よく目をこらしてみると、石垣のあたりにブルーシートがかかっています。道路沿いの石垣が3月の大地震で崩壊してしまったんですね。
 実はこの石垣の修復も仙台城の場合、そう簡単に済ませられる話ではないようなのです。
 2011年5月16日付読売新聞の記事によりますと・・・(リンク切れご容赦ください)

 仙台城の敷地は国と仙台市、護国神社で地権が分かれてしまっており、このうち国と仙台市の領域は平成15年(2003年)に国指定史跡になっているのですが、護国神社所有の部分がまだ未指定だったため、仙台市は護国神社の敷地分も含めた城跡全域の史跡指定を目指してきました。
 ところが、3月の震災で崩壊した石垣の部分は主に護国神社所有の敷地だったのですが、これを応急処置的に修復した場合、文化的価値が損なわれるため、城跡全域の史跡指定がほぼ不可能になってしまうのだそうです。
 ですから、積み直しするにも逐一学術的な調査が必要になるため、全面的な修復が終わるまでは相当な時間がかかるものと予想されています。加えて修復費用もかなりの金額に上ることが考えられます。
 こうしてみますと、色々と難しい問題が浮かびあがってきますね。
 
 仙台城詰門付近車道a

 
 一方、高さ17mもある本丸北面石垣の方は大丈夫だった模様。この石垣は平成9年(1997年)から平成16年(2004年)にかけて大規模な修復工事が行われたところです。総工費46億円もかかったとか!
 この時、しっかりとした工事をしておいて本当によかったと思います。
 仙台城本丸石垣a

 こちらの石垣も江戸時代に三度大地震のために崩壊し、積み直しが行われてたことが発掘調査で明らかになりました。
 (左が政宗時代に詰まれた第一期のもの 右側が延宝元年(1673年)以降に積み直された第三期のもの)
 過去記事⇒「過去にも被災していた仙台城(前)」 もご参照ください。
 
 仙台城本丸石垣(復元)

 


 この後、大手門の方へ下っていきます 。   つづく


よろしければこちらをクリックお願いします↓いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

僕はバカ!

まえ、仙台城にいき、東日本大震災発生後、ぼくは、また、故郷仙台にかえり、
父に、行きたいというと、僕と同じ宮城県出身の父は、仙台城は、石垣がくずれてるから、だめ!と、言われました!次に、じゃ~石巻、東松島、神割崎、塩釜、多賀城は?
と、言っていた自分は、今、何ていえばいいか分からないが僕は、仙台市若林区生まれなのに東北の辛さ、現状が、全く分かっていなかった僕は、後悔しています!
東北のみなさんごめんなさい!そして、ご冥福お祈りしてます!
 今、僕は、大阪府吹田市南千里中学校に通ってます!

Re: 僕はバカ!

 猪股紀寿様
 はじめまして。コメントどうも有難うございます。

> まえ、仙台城にいき、東日本大震災発生後、ぼくは、また、故郷仙台にかえり、
> 父に、行きたいというと、僕と同じ宮城県出身の父は、仙台城は、石垣がくずれてるから、だめ!と、言われました!次に、じゃ~石巻、東松島、神割崎、塩釜、多賀城は?
> と、言っていた自分は、今、何ていえばいいか分からないが僕は、仙台市若林区生まれなのに東北の辛さ、現状が、全く分かっていなかった僕は、後悔しています!
> 東北のみなさんごめんなさい!そして、ご冥福お祈りしてます!
>  今、僕は、大阪府吹田市南千里中学校に通ってます!

 仙台のご出身なのですね。昨年の大震災でご覧のように仙台城の石垣は各所で崩れてしまいました。
 国指定史跡の部分はすぐに修復が出来ないので、いまだにブルーシートがかかっていますし、車道が通行止めになったりしています。

 復興にはしばらく時間がかかると思いますが、私たち一人ひとりが何らかの形で応援できるといいですね。


ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。