スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政宗の遺宝(仙台市博物館)

 「伊達忠宗・同綱宗の墓」のつづき

 伊達政宗の墓「瑞鳳殿」に参詣した後、仙台城へ向ったのですが、お城の話は後回しにしまして、お城の後に寄った仙台市博物館の話をします。仙台市博物館は仙台城の旧三の丸の跡地にあります。
 現在、同館では企画展「館蔵名品百選~開館50年コレクションの粋~」を開催中です。(10月16日まで)
 仙台市博物館(2011年)

 参考サイト 仙台市博物館ホームページ

 仙台市博物館は仙台藩主伊達家から寄贈された二万点を超える史料を中心に、仙台の歴史を振り返る上で質・量共に充実した内容の展示がなされています。
 3年前に来館した際とても良かったので、今回もまた館所蔵の貴重な史料が展示されると聞き、やってきました。
 過去記事でも取り上げていますので、そちらも合わせてご覧ください⇒「百万石のお墨付」


 此度の展示もやはり期待を裏切らない、充実したもので、見ていてワクワクしてきました。
 
 伊達政宗所用 「鉄黒漆五枚胴具足」(重要文化財)
   鉄黒漆五枚胴具足
 これは以前も一度見たことがありますが、実戦に対応した重厚な作りの甲冑で、なおかつデザイン的にもシックな印象があります。多くの見学者がここで足を止めて見入っていました。


 金梨子地葵紋桐紋糸巻太刀拵(瑞鳳殿発掘史料)
   伊達政宗遺品b
 伊達政宗の墓「瑞鳳殿」に副葬品として納められていたもの。
 関連記事⇒「伊達政宗の墓 瑞鳳殿」 を参照のこと。
 家紋から、三代将軍・徳川家光が死期の近かった政宗に贈った品ということも考えられるといいます。傷みが激しいため、元の鞘と同じ形のものを作り、その上に古い鞘の漆塗りの部分を移植して修理されています。


 金製ブローチ(右)・慶長一分金・鉛筆(瑞鳳殿発掘史料)
   伊達政宗遺品c
 やはり政宗の墓から発掘された遺愛の品々。
 金製ブローチはヨーロッパ製のもので、鹿革製の袋の中に一分金や日時計と共に入れられており、政宗が大切にしていた品であることがしのばれます。晩年の政宗もやはり時代の子で、なかなかお洒落だったようです。
 右側の鉛筆は、久能山東照宮に伝わる「伝・徳川家康使用」の鉛筆と並んで日本最古の鉛筆だそうです。なお、現在のところ、政宗の鉛筆書きの文書は発見されていないとのこと。


 煙管・鏡・文鎮(瑞鳳殿発掘史料)
   伊達政宗遺品a
 政宗は愛煙家で、一日三度タバコを吸っていたと記録にあるそうです。
 禁煙化の進む21世紀のわが国を、泉下の政宗はどう思っているのでしょうか???


   白絹地雪薄紋単衣
     伊達政宗所用単衣
 火縄銃の薬込め役として政宗に仕え、殉死した菅野重成が拝領したという政宗使用の夏用単衣。
 この菅野重成という人は中級武士だったのですが、殉死するくらいですから政宗からはよほど可愛がられたようで、菅野家のご子孫宅には他にも政宗から拝領した品々が伝えらており、後にご子孫から博物館へ寄贈されました。



 
 政宗の遺宝以外にも貴重な史料の数々がありまして、次のエントリーではそれらの一部をご紹介します。
                  つづく


よろしければこちらをクリックお願いします↓いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ 
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。