スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉憲政の墓

 上杉憲政は大永3年(1523年)、関東管領・上杉憲房の子として生まれました。
 享禄4年(1531年)、山内上杉家の家督を継いで関東管領になります。
 当時、武蔵への侵攻を進めていた後北条氏に対抗するため、憲政は犬猿の仲であった扇谷上杉家の上杉朝定と結び、駿河の今川義元、古河公方・足利晴氏を味方に引き入れ、北条綱成がいた武蔵河越城を大軍で包囲しました。このとき、北条方の兵数3000に対し、憲政方には8万もの兵がいたそうですが、北条氏康の奇襲に大敗を喫し、憲政は居城である上野・平井城へ逃げこみました。(「河越夜戦」
 なお、平井城を退却する際、憲政は嫡男の龍若丸を置き去りにしたため、龍若丸は北条方に捕らえられ、打ち首となったといいます。
 
 その後、憲政の家臣たちの間では離反が相次ぎ、北条方に平井城を攻撃されたため、寄る辺を失った憲政は越後の長尾景虎(後の上杉謙信)を頼って落ち延びます。
 頼られた側の長尾景虎は、憲政のために春日山城下に居館を用意します。これを「御館」とよびます。下の写真のように、現在はただの公園になっています。
 (史跡「御館」 新潟県上越市  2007年撮影)
  御館

 憲政は景虎を養子にし、関東管領職を譲って、自らは隠居の身となりました。

 こうして越後にて余生を送っていた憲政でしたが、天正6年(1578年)3月上杉謙信が死に、養子である景勝と三郎景虎との間におきた家督争いに巻き込まれます。(「御館の乱」)
 憲政は景虎方に味方していたといわれていますが、景虎の旗色が悪くなると天正7年3月憲政は御館を脱出し、景虎の子・道満丸を伴って春日山の景勝の陣へ和議を求めて赴く途中、景勝の手の者に討たれました。享年57歳。
 この辺の事情は、2009年NHK大河ドラマ「天地人」を見ていた方なら思い出される事と思います。

 その後、上杉家が米沢へ国替えとなり、憲政の墓も菩提寺ごと越後から米沢へ移されたそうです。(米沢市城南5丁目1-16 照陽寺  2007年撮影)
 戦国乱世にあって、同時代の武将としてはイマイチという感が拭えませんが、悠々自適の隠居生活を送っている時に運命が暗転し、死に至ったというのはちょっと気の毒な気もします。
 上杉憲政の墓

 


 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。