スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉鷹山の藩政改革を支えた家臣の墓

 昨今の日本の政治状況を鑑みますと、毎度「改革」のかけ声倒れで終わり、成果を得た例というのはほとんどありません。
 仮にリーダーといわれる人がどんなに高い理想を掲げていたところで、配下にいる人たちをうまく動かせなければ政治は良い方向へ進みません。

 江戸時代中期、深刻な財政難に陥った米沢藩の藩政改革を断行した上杉鷹山には、彼が目指した藩政改革を支える有能な家臣たちがいました。
 その中の3人のお墓をご紹介いたします。

 
 竹俣当綱の墓 (米沢市南原横堀町 常慶院)
 米沢藩上級武士の家に生まれる。前のエントリーで紹介した藁科松伯の家塾グループの一人。
 関連記事⇒藁科松柏の墓
 藩政の刷新を目指し、専横著しかった8代藩主・上杉重定の寵臣・森平右衛門を誅殺した。
 上杉鷹山の安永・明和の改革において、奉行(家老)筆頭として改革政治をリードする。漆・桑・楮の百万本植立や、成島焼、縮織を始めるなど積極的な産業の開発を行う。
 しかし、天明2年(1782年)、上杉謙信の命日に禁じられた酒宴を行い、その他不行跡を突きつけられて隠居させられる。失脚後も「国政談」「農家立教」など数々の建言書を書いた。
 墓の碑文は細井平州によるもの。
    竹俣当綱の墓



 莅戸善政の墓 (米沢七軒町 長泉寺)
 中級武士の出であったが、財政に明るかったため鷹山から抜擢され、後に奉行(家老)まで出世した。藁科松柏の家塾「菁莪館」グループの一人で、竹俣当綱と共に安永・明和の改革を担う。
 やがて鷹山の財政改革は行き詰まり、それに伴い天明3年(1783年)に隠居の身となる。
 しかし、寛政3年(1791年)、隠居の身でありながら藩政に復帰し、やがて奉行に就任して藩政改革を主導した。
 寛政12年(1800年)には飢饉救済の書である「かてもの」を執筆した。
 莅戸善政の墓


 黒井忠寄の墓(米沢市鍛冶町 高国寺)
 鷹山の農業政策は竹俣当綱・莅戸善政ら重臣によって立案されたが、実際に担当した一人である。
 忠寄は若年の折から和算に長じ、18歳の時「中西流」の最高免許を授けられた。
 安永元年(1772年)勘定頭になると赤字の実態把握に努め、寛政元年(1789年)より金蔵の管理を任されるなど財政再建に従事する。
 寛政年間、北條郷の村々に用水路を巡らすことを進言し、自ら設計してのべ30数kmにわたる水路を建設し、「黒井堰」と命名された。
 寛政11年(1799年)、飯豊の穴堰工事が始まったがまもなく脳卒中で倒れ、53歳で他界した。
 なお、お墓は近藤勇の首塚と同じ寺にあります。関連記事⇒【新選組】近藤勇の首塚
 黒井半四郎の墓


  
上杉鷹山 ~二百年前の行政改革~ [DVD]上杉鷹山 ~二百年前の行政改革~ [DVD]
(2005/12/22)
筒井道隆、宍戸開 他

商品詳細を見る

   
小説 上杉鷹山 全一冊 (集英社文庫)小説 上杉鷹山 全一冊 (集英社文庫)
(1996/12/13)
童門 冬二

商品詳細を見る

 
ご協力いただける方へブラウザ閉じる前にこちらへクリックお願いいたします↓有難うございます!
   人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。