スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藁科松柏の墓

 米沢藩中興の祖といわれる9代藩主上杉鷹山(1751~1822年)には彼を支えた優秀なブレーンがいました。今日はその方のお墓です。

 藁科松柏は上杉鷹山の御側医を務めた医者でもあり、儒学の素養もありました。若き日の鷹山の能力を見出し、教え、導いた人でもあります。
 松柏12歳のとき父親を亡くしましたが、21歳で江戸御留守番を務め、23歳で8代藩主・上杉重定の御側医に就きました。
 家塾「菁莪館」を開き、それまでの藩政を憂える家臣たちを集めました。そのグループは後に鷹山の藩政改革に参画することになります。
 明和元年(1764年)、両国橋の袂で辻講釈をしていた儒者・細井平州を知り、その才あるを見抜いて、主君である鷹山の学問師範として推薦します。(細井平州はその後、米沢藩へ招かれて鷹山のブレーンとなり、鷹山に大きな影響を与えました)
 しかし、明和6年(1769年)、松柏は33歳という若さで亡くなりました。

 昨年2月、藁科松柏の墓がある日蓮宗・善立寺(米沢市相生町7-113)を訪れました。
 ところが、境内に降り積もった深い雪のために墓前に到達することが出来ませんでした。下の写真は遠くから望遠で撮影したものです。(中央の墓石)
 藁科松柏の墓a


 今年5月、再訪してやっとお参りすることが出来ました。(-人-)
 善立寺1
 善立寺2
 藁科松柏の墓b


 しかし、一番上の写真のようにお墓が雪で埋まってしまった場合、故人の命日が冬場の時は納骨や供養等はどうするのでしょうか???
 地元の方に話を聞いたところ、地球温暖化のせいなのか、米沢はこれでも昔に比べれば雪の量が減ったということでした。
 でも、やはり雪国における冬場の墓参りはあまりおススメできないです。。。


ご協力いただける方へブラウザ閉じる前にこちらへクリックお願いいたします↓有難うございます!
   人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。