スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜川砲台跡

 立会川駅の出口を出て、小さな商店街を左手の方へしばらく行くと、立会川にかかる橋があります。
 この橋を人々は昔から「なみだ橋」と呼んできました。
なみだ橋


 
 江戸時代、罪人が鈴が森の刑場へ運ばれていくときに、罪人の家族がこの橋のたもとで見送ったという事からそう呼ばれるようになったのだとか。
 現在は「浜川橋」というそうです。

 この橋をわたらずに、川沿いを左手にいきますと、何やら石が数個と表示板が。「浜川砲台跡」とあります。

浜川砲台跡

 現地の表示板によりますと、ここが土佐藩の鮫洲抱屋敷があった場所なんだそうです。本国土佐から運ばれてきた物資をこの立会川で荷揚げしていました。
 ペリー来航の折、土佐藩では砲台築造を幕府に願い出、翌年砲台をここに完成させたそうです。
 そして、若き日の坂本龍馬もこの地で警備陣に加わっていたといいます。
 後にこのあたりで発掘調査を行った結果、石がいくつか出てきたので、砲台の名残ではないか、ということです。

 なるほど・・・。

 そして、写真をよく見ていただきたいのですが、向こう側の倉庫?っぽい建物に龍馬と黒船の絵が描かれていたんです。
 ともすれば殺風景な風景なだけに、なかなか洒落た演出ですね(倉庫の持ち主さんGJ!)

 さきほどの商店街に引き返すと、「大村庵」さんというお蕎麦屋さんがあります。(東京都品川区東大井2-28-3 03-3761-4750 水曜休)

大村庵

 ここでは、龍馬にちなみ「砲台そば」という大盛りの天ざる蕎麦がおすすめだとか。さきほどの「砲台の石」が発掘された記念に考案されたメニューだそうです。
 さっそく注文してみました。
砲台そば


 ちょっと出汁が濃すぎる気がしましたが、大海老が入った天ぷらもサクサクでボリュームがありました。これだけボリュームがあると、とくに男性の方はランチによさそうですね。
 
 このように、龍馬伝にわく立会川の商店街ですが、つい最近テレビの情報番組でも取り上げられ、訪れる人たちが増えているということです。

 ※お店の情報は変更になる場合があります。定休日等は各自でお確かめください。


★最後までお読みいただき、有難うございます。各ランキング参加中です よろしければポチお願いします↓
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ    
 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。