スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚岸の町に「葵の御紋」を発見!?(`・ω・´)

 お供山のチャシを見学した後、厚岸の町に郷土資料館があるというので行ってみました。
 カーナビに住所を入れて、車を走らせ5分足らず。
 着いたのは、「旧国泰寺跡」という国指定史跡でした。どうやら、この辺り一帯はお寺さんの敷地なようです。
 旧国泰寺跡

 敷地を入るとすぐに青い屋根の厚岸町郷土館(厚岸郡厚岸町湾月町1丁目14番地 TEL0153-52-3794 月曜・祝祭日の翌日休)がありました。小さな町の資料館といった感じです。※なお、同館は11月16日~4月15日まで冬季閉館しています。
 厚岸町郷土館

 管理人さんは40台くらいの女性の方でしたが、愛想の良い親切な方でした。
 狭い館内には、国泰寺の関係資料や、アイヌに関する資料が展示してありました。とくに、国泰寺の初代~9代住職が綴った「日鑑記」と呼ばれる寺務日記を含むお寺の関係資料は国指定重要文化財となっているそうです。
 管理人さんいわく、たまに東京方面からもこの地へ訪ねてくる人がいるということでした。

 郷土館のすぐ脇に、木の棒のようなものが数本立てられたものがあります。「イナウ」?とか呼ばれる、アイヌの祭祀に欠かせない祭具の一つらしいです。
 今でもアイヌの子孫の方がここに来て、年1回祭祀を行っているそうです。
    イナウ

 管理人さんに隣接している「国泰寺」にお参りしていくことを勧められました。
 国泰寺(臨済宗)は文化元年(1804年)、ロシアの南下対策の一環として、東蝦夷の守備とアイヌの教化を目的に建てられました。

 山門は江戸時代のものだそうですが、傷みが激しく、倒壊の危険性があるため立入禁止でした。
 国泰寺1
 
 「徳川第十一代将軍家斉公開祖」の立板も。
    国泰寺2

 山門をくぐらずに脇道から入ることにします。山門の裏側からよく見ると、扉に徳川家の家紋である「三葉葵」の御紋が彫られています。
    国泰寺4
 
 これを見ると、国泰寺が江戸幕府の意向のもと建てられたことがわかります。正直、北海道の小さな町で葵の御紋を見るとはちょっとビックリです。
  国泰寺5

 本堂にお参りし、浄財を投じてきました。
 国泰寺3

 本堂の裏手には歴代住職の墓がありました。
 国泰寺歴代住職墓

 左から二番目にあったのが、国泰寺初代、文翁上人のお墓です。文翁は相模国津久井郡にある寺の住職でしたが、幕命により国泰寺の住職として厚岸へ赴任することになりました。
 文化二年(1805年)に文翁住職は三人の僧侶と共に厚岸に着きましたが、そのわずか2ヵ月後に急死してしまいます。この時の住職の年齢はわからないのですが、おそらく、あまりの寒さに耐えられなかったのでしょう。  合掌(-人-)
    国泰寺初代住職・文翁墓


 当時、ロシアの人々がちょくちょく北海道に渡ってきており、アイヌたちへロシア正教を布教していました。これに懸念をもった当時の箱館奉行が、ロシアに対抗すべく、とりあえず現地で宗教対策を施す必要があると考えて、特に幕府に願い出てお寺を築いたようです。ロシアが北海道を狙っていたのは、スターリンよりもはるか以前からだったということですね。
 幕府は国泰寺のほか、伊達市有珠に善光寺を、様似町(日高)に等澍院を設置し、これらは「蝦夷三官寺」といわれました。
 近年の「お人よし」な日本政府よりも、むしろ江戸幕府の方が対外政策については緊張感があったのではないでしょうか。

 
 よろしければ、こちらへクリックお願いいたします☆
     にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。