スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道開拓と旧士族の明治

 北海道旅行の続きです。(過去記事 根室名物「エスカロップ」より)

 明治維新以後、北海道には北辺の警備と開拓のため、日本各地から屯田兵といわれる人たちが入植したことはよく知られています。屯田兵のほとんどは、維新後俸禄を失い、食いっぱぐれてしまった旧士族の出身でした。

 釧路から車で1時間弱のところに、厚岸(あっけし)という町があります。この町にもかつて、多くの屯田兵が移住してきました。

 
 太田旧屯田兵屋  厚岸町の太田地区という所には、屯田兵440戸が移住してきました。彼らが暮らす住宅は、明治22年(1889年)1月から翌年5月にかけて標茶集治監の囚人たちによって建てられました。
 ご覧のように、道路から少し奥まった方に建物があるので少々わかりにくいです。
 太田旧屯田兵屋2


 この家は兵屋番号119番で、明治37年(1904)の屯田兵制度廃止後も住宅として使用されていたものを、昭和46年(1971)に解体復元し、昭和48年所有者より町に寄贈されました。木造平屋建。
  太田旧屯田兵屋1

 兵屋の内部はこんな感じ。広さは17.5坪(58平方メートル)土間・6畳と4畳半の2部屋・居間・台所や押入れ・便所などからなっています。
 言うならば、「あばら家」みたい風で、木の板一枚で覆われただけの家屋ですから、近代的な暖房器具も無かった当時、冬の間はさぞかし厳しい寒さだったことでしょう。
 太田旧屯田兵屋5

 土間には農機具や日用品が展示してありました。
 太田旧屯田兵屋3


 屯田兵440戸の内訳。金沢藩・59戸、米沢藩57戸などをはじめ、9県27藩の士族が入植しました。東北、北陸の諸藩が目立ちましたが、意外にも山口藩(旧長州藩)からも入植者が31戸いました。
 太田旧屯田兵屋4


 この後、周辺を廻ってみました。
 太田屯田の桑並木。入植者たちはこの地で養蚕を試みましたが、あまりにも寒すぎて蚕が死んでしまい、結局うまくいかなかったようです。現在は一部に桑畑の名残が残っています。
 太田屯田の桑並木

 太田屯田の赤松。青森出身の屯田兵が、故郷から赤松の苗を取り寄せて植えたものだそうです。赤松は北海道では珍しいそうで、この地区には二十数本残っているそうです。
 太田屯田の赤松


 太田屯田開拓記念館 
 ここには、太田地区の屯田兵に関する資料が展示されています。 
 ( 厚岸郡厚岸町太田5の通り23番地1  TEL:0153-52-3599   
  開館時間 AM9:00~PM4:00 休館日 毎週月曜日、祝祭日の翌日、11月16日~翌4月15日)
 太田屯田開拓記念館

 展示物を見ていて驚いたのは、米沢藩(上杉家)からやってきた屯田兵の中に、本庄繁長柿崎景家のご子孫がいたということです。この両者は戦国時代からの上杉家の家臣で、武将としても有名ですからご存知の方も多いかと思います。

 特に本庄家は、上杉家家臣団の中でも上級家臣の内に入ると思いますが、明治維新後生活が逼迫したのでしょう。先祖代々伝えられた品々を持ってここ厚岸へ移住したものの、屯田兵としての生活は苦労の連続だったようです。
 彼らが故郷から持ってきた品として鎧櫃が置いてありましたが、肝心な甲冑は置いていなかった。おそらく、生活資金を得るためにめぼしいものは売ってしまったのでしょう。
 その他、上杉謙信の肖像画などが展示してありましたが、お国を離れても上杉家の家臣としての矜持を忘れなかったということでしょうか。
 厳しい生活に耐えられず、逃げ出した人々も多かったようですが、本庄さんと柿崎さんは頑張られたようで、今もご子孫がこの近隣におられるようです。
  太田屯田開拓記念館展示


 記念館近くにあった牧場の牛たち。カメラを向けると、「アンタ、誰?」とでも言いたげにこちらを見返していましたが、警戒心を解いたのか、やがてのんびりと草を食んでいました。これも北海道らしい、のどかな風景。
 厚岸町の牧場

                            つづく


 関連記事 激動を生き抜く―信濃武士市河氏の400年



 ピンクの目印が太田旧屯田兵屋  ブルーの目印が太田屯田開拓記念館です。
 
より大きな地図で 厚岸町太田地区 を表示

 
 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  

関連記事

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。