スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根室市歴史と自然の資料館

 旅行二日目。一日目は根室に到着したのが午後1時過ぎで、結局半日しか観光できず時間切れだったので、二日目も若干ですが根室市内を廻りました。
 
 根室市歴史と自然の資料館 レンガ造りの建物ですが、これはもともと昭和17年(1942年)に大湊海軍通信隊根室分遣所として建設されたものです。戦後は小学校として使用されていたんだとか。
 根室市歴史と自然の資料館1

 なお、100名城スタンプラリーのもう一箇所のスタンプ設置所でもあります。スタンプの印影は良好です。※過去記事 「日本100名城制覇への道」参照
   根室半島チャシ跡群スタンプ2

   
 初日に寄らなかったのは、オンネモトチャシ跡から少々遠かったからです。

 博物館観覧は無料でした。展示物は自然関係のものが多い感じです。動物たちの剥製がやたら目立ちました。
 根室市歴史と自然の資料館4

 冬になるとオホーツクの彼方からラッコがやってくるそうです。他にも野鳥とかキタキツネなどの剥製がありました。
 根室市歴史と自然の資料館5


 私が注目したのはコレ。明治38年(1905年)のポーツマス条約締結時に、樺太の北緯50度を日露国境と定めた際の国境標石がありました。
 「大日本帝國」と菊の御紋が刻まれています。裏側はロシア側の表記。
 根室市歴史と自然の資料館2
 根室市歴史と自然の資料館3

 それと個人的に一つ発見があったのは、この標石をモデルに、函館にある石川啄木の墓がデザインされたということです。普通の方ならスルーしそうな事柄ですが(笑)
  (今年5月、函館にて撮影) ※過去記事 「石川啄木の墓」参照
   石川啄木の墓1

 戦前、根室と国後島をつないでいた電信電話用海底ケーブル。地元の方によって大切に保管されていたそうです。
 根室市歴史と自然の資料館6

 これ以外は北国の生活用品など、民俗資料が多かったですかねえ。

 職員の方にオンネモトチャシ以外のチャシへの行き方を尋ねてみたのですが、案の定先方はあまり気乗りしないご返事。奥歯に物が挟まったような言い方をして、教えてくれません。ですので、他のチャシを見学するのは諦めました。(根室市内には32箇所もチャシ跡があり、内24箇所は国指定史跡になっているにもかかわらずです) 皆はるばる遠方から来ているのですから、もう少し何とかならないものでしょうか?

 チャシに関する展示、刊行物などもなかったですし、正直わざわざ立ち寄るまでもなかったかも。。。何の収穫もなかったので、私たちも30分くらいで辞去いたしました。
 時間に余裕のない人は、私たちのコースのように、JR根室駅前の観光案内所でスタンプを押印し、そのまま直接オンネモトチャシへ行けばいいと思います。

                        つづく

  根室市歴史と自然の資料館 根室市花咲港209 電話 0153-25-3661 月・祝祭日・年末年始休
 
より大きな地図で 根室市歴史と自然の資料館 を表示
 

     にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ   
関連記事

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。