スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉州堺を歩く 1

 去る5月20日(金)~24日(火)まで、大阪府堺市において「堺文化財特別公開~三好一族と堺幕府」という催しが開催されました。
  三好一族と堺幕府

  
 泉州堺というと、戦国時代、裕福な町人たちによる住民自治が行われ、二万貫の矢銭を吹っかけてきた織田信長に対して当初は抵抗しますが、後に臣従し、権力者にうまく取り入っていった歴史を思い浮かべがちですが、今回はそれよりも少し前、室町時代の後期、管領・細川家の家督争いの中で、細川氏の有力被官であった阿波の三好元長が将軍足利義晴の弟・義冬を奉じて堺にを置いた大永7年(1527)~享禄5年(1532年)のわずか5年間の歴史にスポットを当て、関連史跡を紹介するという内容の催しでした。
 過去に大阪へは何度か来ていますが、堺まで来るのは今回が初めてでした。
 
 参考サイト 堺観光ガイド


 阿波の三好氏については、私のテリトリー外でもあり、うまく説明できるかわかりませんが、何か参考になることもあるかもしれませんので、当日歩いた中で主な史跡について順次記していくことにします。

 早朝、東京から新幹線に乗って、大阪へ。地下鉄などを乗り継ぎ、南海電鉄・堺駅へ。
 南海・堺駅

 文化財特別公開中の土日に限り、無料で史跡を巡回するバスが出ているということでしたが、訊いてみると一方通行しか動いていないというのです。その順路だと一日のうちにとても見切れそうもないので、無料バスに乗るのを諦め、市電に乗って堺駅のもうひとつ隣の駅である七道駅方面へ向いました。これで40分くらい時間をロスしてしまいました。(最初から七道駅で降りればよかったのです) 逆順路で循環するバスもあれば便利でしたが、予算の都合もあるでしょうし、仕方ないですね。
 南海・七道駅

 駅出口の脇に、「鉄砲鍛冶射的場」および「放鳥銃定限記碑」がありました。堺は鉄砲の生産地として有名ですが、小浜民部丞という鉄砲名人がこの辺りに射的場を設け、子弟に対して砲術の訓練を施していたということです。
 鉄砲鍛冶射的場跡

 上の碑のある場所から駅を挟んだ逆側へと出て、街中を歩きます。この辺で、今回の催しのパンフレットを持った老夫婦に、「○○はどこでしょうか?」と道を尋ねられましたが、こっちも堺へ来たのは正直、今回初めてなので、「よそ者なのでスイマセンが・・・」と答えます(汗)

 海船政所跡 三好氏がこの付近に館を築いており、三好元長の頃「政所」の号を許されたといいます。往時は東西約650M、南北はその倍という当時としては相当の規模の館だったそうですが、今は石碑が残るのみ。
 海船政所跡


 鉄砲鍛冶屋敷跡 今も個人が住まっておられるようで内部は非公開でしたが、古い建物ですね。江戸時代のものだと思います。この辺りは鉄砲鍛冶の家が立ち並んでいたということです。
 鉄砲鍛冶屋敷跡


 ぷらぷら歩いて、先ほどの市電の通り道である大道筋(紀州街道)へ出ます。この道を南に向って戻っていくような感じで歩いていくことにします。
 紀州街道

      
 長くなるので続きます。


    人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ   
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。