スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒砥城(前)

 松本城で100名城のスタンプを押印した後、まだ時間に余裕がありましたので、長野県千曲市にある「荒砥城」へ寄ってきました。
 荒砥城は、村上氏の支族である山田氏によって築かれた連郭式の山城です。
 荒砥城と千曲川を挟んだ対岸の山頂に築かれた「葛尾城」城主・村上義清は、天文22年(1553年)甲斐の武田信玄との戦いに敗れ、葛尾城は落城し、義清は越後の上杉氏を頼って落ち延びました。荒砥城に拠っていた山田氏もこの戦いで滅亡してしまいます。

 天正10年(1582年)武田氏滅亡後、上杉景勝の川中島統治時代には屋代秀正が海津城副将となり、荒砥城は清野・寺尾・西条・大室・保科・綱島・綿内の各氏による城番管理がなされていました。
 翌天正11年(1583年)、屋代秀正は上杉方に背いて徳川家康と通じて荒砥城に籠城しましたが、上杉方に攻められ、天正12年(1584年)に荒砥城は落城し、廃城となりました。
 
 しなの鉄道「戸倉」駅で下車し、タクシーで城跡へ向います。城山の麓には有名な「戸倉上山田温泉」があります。
 城山の中腹まで車で行くことが可能です。
 荒砥城7

 現在は「千曲市城山史跡公園」として整備されており、館、兵舎、櫓などが推定復元されています。駐車場のところでタクシーを降ります。
 城の縄張りはこんな感じ。
 荒砥城1

 坂道を登っていくと、公園の入口があります。ここの受付で大人300円を支払います。
 荒砥城2

 実はこの荒砥城、今年の大河ドラマ「江」の第一回目で、「小谷城」として登場し、ロケが行われていたのです。お江が産声を上げた場面と、小谷城が落城するシーンはここで撮影されました。
 ところで、「江」ですが、あっという間に半年経ってしまいましたね。なんだか、第一回目が遠い昔のような感じがいたします。
 ドラマの方は残念ながら世評はイマイチのようで、内容の改善を期待しましたが、もう今頃はお江の晩年を撮影しているはずなのですでに手遅れだと思います。
 荒砥城3


 舗装された坂道をさらに登っていくと、二の郭の門がありました。これもドラマの中で登場していましたっけね。
 荒砥城4

 門をくぐりぬけると、見張り台の櫓が復元されています。
 荒砥城5

 櫓に登ってみます。天気はイマイチでしたが、眺望は良いです。上で書きましたように、千曲川の対岸に葛尾城が眺められました。
 荒砥城6

 かつてこの城に立て篭もった屋代秀正ですが、結局彼は上杉氏に背いて徳川家康のもとへ出奔してしまうのですが、上杉景勝は秀正の屋代の旧領を後に真田幸村へ与えているんですよね。たしか、安堵状が残っていたと思います。幸村がまだ「弁丸」と呼ばれていた少年の頃で、ほんのわずかな間、上杉景勝のもとへ人質でやられていた時分です。
 景色を眺めながら、そんな事を思い出しました。


 長くなるので続きます。


 100名城達成へ向けて、応援いただければ幸いです。よろしくお願いします↓
   人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ   
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。