スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳沢吉保の墓

 柳沢吉保夫妻の墓
 柳沢吉保の墓1

 柳沢吉保(1658~1714年)は5代将軍・徳川綱吉にその才を愛され、一藩士から大名まで出世した人です。よく元禄赤穂事件(忠臣蔵)を扱った小説やドラマなどでは「黒幕」として登場しますが、実際はどうだったんでしょう。私も彼の事績を詳しく追ったことはないのですが、目端の利く、実務的能力があったことは確かなようです。また、東京駒込にある六義園を造成したことでも有名です。

 柳沢吉保の墓2

 吉保の先祖は、もともと甲斐武田氏に仕え、武田氏の支流であったといわれます。武田家滅亡後、その旧臣たちの多くが徳川家康に召抱えられたのですが、吉保の祖父もまたその一人でした。
 綱吉の引き立てにより、吉保は甲府15万石の大名に出世します。吉保にしてみれば、先祖ゆかりの土地に栄転して戻ってきたという感慨があったことでしょう。吉保は恵林寺を保護し、武田信玄の法要を執り行なったり、寺の修復をしたということです。
 正徳4年(1714年)に57歳で亡くなった後、甲府の永慶寺に葬られますが、跡を継いだ子の吉里が大和郡山へ転封となり、急遽恵林寺へ墓を移転・改葬しました。向って左側の墓塔は先に亡くなった正室・定子のものです。
 同寺の宝物館には吉保ゆかりの品々が納められています。

 これで恵林寺は終わりです。  つづく


  よろしければクリックお願いします~♪
りらっくま
   ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングで「柳沢吉保」の情報を探す
 ブログ村で「柳沢吉保」の情報を探す
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

tag : 有名人の墓(や行)

コメントの投稿

非公開コメント

才人

 柳沢吉保といえば、なぜか演:石坂浩二と連想させられてしまいます。
…たーぶーん、何度かやっておられますよね?

あの独特のあくどい感じがハマるような気がしますよ、はい(笑)

Re: 才人

>  柳沢吉保といえば、なぜか演:石坂浩二と連想させられてしまいます。
> …たーぶーん、何度かやっておられますよね?
>
> あの独特のあくどい感じがハマるような気がしますよ、はい(笑)

とま様
 こんばんは。コメント有難うございます。
 石坂浩二⇒柳沢吉保といえば、大河ドラマ「元禄太平記」ですかね。私は見たことがないんですが。
 たしかに、「清濁合わせ呑む」といったイメージといいますか・・・あの方は一癖ありそうな役柄にピッタリですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。