スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

榎本武揚の墓

榎本武揚(1836~1908年)の墓
 榎本武揚の墓a


 函館「五稜郭」について書いてきましたので、その最後は箱館に「蝦夷共和国」という独立政府の樹立を目指しながら夢破れた幕臣・榎本武揚のお墓です。
 
 榎本武揚は天保8年(1836年)、江戸下谷御徒町に生まれました。父親の箱田良助はもともと備後国安那郡箱田村の郷士の出、後に伊能忠敬の弟子になった人で、後に幕府御徒士・榎本武兵衛という人の婿に入り、榎本円兵衛と名乗るようになりました。
 この円兵衛の次男として生まれたのが釜次郎、後の武揚です。父・円兵衛は自らは技術者であったにもかかわらず、息子には官吏の道を歩かせたかったようで、武揚は昌平坂学問所に入所します。しかし、学問所での成績はかんばしくなく、武揚は父と同じ技術者の道を志向するようになります。同じ頃、中浜(ジョン)万次郎の英語塾にも通っていたそうです。
 嘉永7年(1854年)、武揚は堀利ひろの小姓として蝦夷地へ赴き、樺太を巡検しています。この時の経験が、「蝦夷共和国」の原点ともなるのです。
 翌安政2年(1855年)、オランダの協力で長崎海軍伝習所が設立され、武揚も入所します。ここでは教官も感心するほど優秀な生徒だったようです。熱心に蒸気機関学、造船学、さらに物理や化学の教養も身に付けます。
 万延元年(1860年)、幕府はアメリカへ使節団を送ることになりました。この時、咸臨丸の艦長はかの勝海舟でしたが、海軍伝習所の卒業生の中から乗組員を選出したものの、武揚は選に漏れてしまっています。この頃から海舟と武揚は肌合いが合わなかったようです。

 文久2年、武揚は幕府よりオランダ留学を命じられ、専攻は蒸気機関学、軍艦運用に関わる諸科目と自然科学を学びます。
 この間、武揚は「観戦武官」としてデンマーク戦争を観戦します。その後、ライデンへ赴き国際法の勉強をします。
 慶応3年(1867年)3月、榎本は幕府が発注して完成した軍艦「開陽」に乗り、他の留学生と共に帰国します。
 帰国した武揚は軍艦役並として開陽への乗組を命じられます。技術者として歩んできた武揚に用意されたポストは「軍人」としての道でした。(慶応4年には海軍副総裁に任じられ、事実上の海軍トップになります)

 takeaki enomoto


 武揚が留学している間に国内の政治情勢は一変し、事態は風雲急を告げていました。武揚も一環して倒幕派との抗戦を主張します。
 慶応4年1月、鳥羽伏見の戦いで倒幕側との戦闘が開始されます。それに先立ち、海上でも薩摩の軍艦との戦闘が開始され、「開陽」は薩摩軍艦を攻撃し、追い込んだことで、武揚は開陽の実力を認識し、自信を深めます。
 鳥羽伏見の戦いで幕府軍の旗色が悪くなると、大坂城にいた将軍・徳川慶喜は側室や一部の側近を連れ、無断で開陽に乗船し、江戸へ逃げ帰ります。
 この時、将軍不在となった大坂城は大混乱に陥りますが、武揚は急いで城から武器、什器、書類、御金蔵からは御用金を富士山丸へ積み込み、負傷兵を艦隊へ収容しました。この時の武揚の冷静沈着な行動より多くの幕臣たちから人望を得たようです。

 新政府軍側の西郷隆盛と幕府側の勝海舟との間で話し合いがもたれ、江戸城が無血開城されると、徳川家に対する新政府の処置を不満として、武揚は抗戦派の旧幕臣とともに開陽、回天、蟠竜、千代田形、神速丸、美賀保丸、咸臨丸、長鯨丸の8艦から成る旧幕府艦隊を率いて脱出します。途中暴風により咸臨丸は清水沖へ流され新政府側に拿捕、その他の船もぼろぼろという有様で仙台湾へ入港します。
 この頃、すでに会津藩をはじめ旧幕側の東北諸藩の敗色が濃厚となっており、武揚は新選組や奥羽越列藩同盟軍、桑名藩藩主松平定敬らを収容し蝦夷地へと向います。
 そして、箱館の五稜郭を占拠し、徳川家臣団の移住の地として「蝦夷共和国」という独立国家を樹立、入札(選挙)の実施により武揚は総裁となりました。国際法を熟知していた武揚は、多くの外国船が行き交う津軽海峡は国際海峡であり、箱館は重要な寄港地でもあり、そこで戦闘がおこれば必ずや欧米諸国が調停に入り、新政府も蝦夷の独立政権を認めざるをえないだろうと踏んだのです。

 五稜郭遠望


 しかし、追撃してきた新政府軍の猛攻はすさまじく、各地で戦闘に破れ、もはや劣勢が決定的となった頃、蝦夷征討軍海陸軍総参謀黒田了介(後の黒田清隆)は共和国政権へ降伏を呼びかけます。
 しかし、この時武揚は黒田の勧告を拒否し、オランダ留学時代から肌身離さず携えていたオルトラン著「万国海律全書」を灰燼に帰すのは惜しく、新政府の海軍提督へ伝えたいとして、黒田へ宛てて贈ります。(下の写真は札幌にある黒田清隆の銅像)
黒田清隆像

 5月18日、ついに武揚は松平太郎、大鳥圭介、荒井郁之助と共に五稜郭を出、新政府軍へ降伏しました。

 この後、武揚らは江戸辰口の牢獄へ収監されました。長州の大村益次郎らは武揚らの処刑を主張しましたが、薩摩の黒田清隆は武揚の傑出した才を惜しみ、新国家設立へ協力してほしいと助命嘆願を行い、2年余の後、武揚は釈放されます。
 
 その後、武揚は北海道開拓使として出仕しますが、明治新政府への参加は心の葛藤があったでしょうし、当然世間の武揚を見る目は厳しく、あの福沢諭吉なども武揚の変わり身の早さを批判したりしています。さぞかし肩身が狭かったことでしょう。
 それからの武揚の状況を簡単に記しておくと、明治7年(1874)海軍中将兼駐露公使となり、翌年樺太・千島交換条約を締結。海軍卿、駐清公使を経て第1次伊藤内閣逓相に就任。黒田内閣農商務相・文相、第1次山県内閣文相、第1次松方内閣外相等を歴任しました。
 そのほか、北海道開拓の経験から農業の重要性を認識し、東京農業大学の前身である徳川育英会育英黌農業科を設立して、自ら黌長を務めました。
 
 明治41年10月26日、榎本武揚はその波乱に満ちた生涯を終えます。享年73歳。東京都文京区にある吉祥寺に墓が建てられました。
 彼は晩年、功績により子爵に列せられたのですが、そのせいでしょうか、墓所も他の一般ピープルと比べかなり広かったです。門が設置され、一般の人たちは中へ入れません。
 榎本武揚の墓b

 榎本武揚にとって、薩摩の黒田清隆との出会いが第二の人生を決定づけたのですが、この時相手が黒田でラッキーだったと思います。黒田清隆は酒乱で奥さんを斬り殺したり、あまり良い話は伝わっていないのですが、榎本の助命の件は特筆すべき美談だと思います。
 薩摩武士はひとたび戦い、負けた相手には寛容なところをみせますが、黒田にもそういう一面があったということだと思います。榎本武揚と黒田清隆は生涯刎頚の交わりを結び、お子さん同士を結婚させたりしています。
 


 お手数ですが、下記バナークリックご協力お願い申し上げます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  
関連記事

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 有名人の墓(あ行)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。