スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他 函館街歩き

 立待岬側の住吉共同墓地にある石川啄木の墓などをお参りした後、再び市電に乗り、「十字街」という所で降ります。すると、目の前に、「北海道坂本龍馬記念館」というのがありました。
 北海道坂本龍馬記念館1

 昨年、坂本龍馬の甥っ子さんが明治に入ってから北海道へ移住したことを書きました。(※過去記事 坂本龍馬の甥っこさん 参照)
 たしかに、龍馬は北海道開拓の構想は持っていたのですが・・・。

 どんなものかと思い、冷やかし半分で入ってみました。大人300円を支払い、見学してみましたが、残念ながら取り立てて見るべきものは何もなかったです。
 それもそのはず、北海道にいた甥っこさんのご子孫が持っていた龍馬関係の重要史料は、ほぼ全部京都国立博物館へ寄贈されてしまっているので、正直ここには何も残っていないのです。
 ですから、ここには賞味10分くらいしかいなかったです(汗)。外へ出ると、道路を挟んだ目の前にいきなり龍馬の銅像があった。
 まあ、地元の方の「龍馬で街おこしを・・・」という気持ちもわからないのではないですが、ちょっとこじつけのような気がしないでもなかったです。
 北海道坂本龍馬記念館2

 参考サイト 北海道坂本龍馬記念館

 **********************************


 函館は戦前に建てられた古い洋館が今でも残っていて、異国情緒をかもし出しています。
 その中の一つ、旧イギリス領事館です。幕末の箱館開港以来、イギリスが領事館を置いていたのですが、大正時代に建てられた領事館の建物が現在一般公開されています。(函館市有形文化財)

 参考サイト 函館市旧イギリス領事館
 函館市旧イギリス領事館

 中に入るとカフェが併設されていて、ここではアフタヌンティーを楽しむことができます。アンティークな調度品に囲まれた、おしゃれなティールームで、一休み。(カフェだけの利用もOKです)
 函館市旧イギリス領事館カフェ
 
 4年前来た時に、建物の内部は見学したことがあったので、今回は見ませんでした。


 イギリス領事館前の基坂を上りきったところには、旧函館区公会堂があります。大正天皇も行啓され宿泊されたという、ブルーグレーとイエローの優美な洋館で、国の重要文化財に指定されています。
 中では「ハイカラ衣装館」といって、アンティークなドレスをレンタルして建物内で記念撮影することができます。もちろん、男性用の英国紳士っぽい衣装もありますよ。
 私は4年前に経験済みなので、今回は中のお土産屋さんしか寄りませんでした。

 参考サイト 旧函館区公会堂
 旧函館公会堂


 このように、函館は本当に見所が多い。今回で二度目の来訪ですが、まだまだ見たり無い箇所があるのではないか、と思ってます。
 五稜郭からつらつらと書きつづってきましたが、次のエントリーでそろそろ終わりにしたいと思います。



 よろしければこちらへクリックお願いします
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ    
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。