スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五島軒 函館カレーEXPRESS  五稜郭タワー(二)

 つづき

 ちょうど五稜郭タワーにいたのがお昼時だったため、タワー2Fアトリウムにある「五島軒 函館カレーEXPRESS」にてランチにすることにしました。
 五島軒さんというのは函館でも指折りの老舗の洋食屋さんとして有名です。明治12年(1879年)の創業だそうです。
 屋号は初代の料理長の名前(五島英吉)にちなんだものだそうですが、この人は元々、長崎奉行所の通詞だったそうですが、故あって戊辰戦争で旧幕府脱走軍に加わり、五稜郭に立て篭もって戦っていたという異色の経歴を持つそうです。

 五島軒函館カレーEXPRESS


 ※詳細⇒五島軒ホームページ

 以前函館へ来たとき、末広町にある五島軒さんの本店の前を通りかかったのですが、その時はあいにく時間がなくて食事できませんでした。
 五稜郭タワーに支店があるのは今回始めて知りました。4年前にはテナントで入っていなかったような記憶があります。

 五島軒さんの創業以来の伝統の味というイギリスカレー800円を注文してみました。+400円でサラダ、スープ、オレンジラッシーのセットメニューに出来ます。
 シンプルなビーフカレーではありますが、まろやかでコクがあって美味しかったです。私好みの味でした。
 五島軒イギリスカレー
 五島軒サラダ

 連れは「蘆日野カレーセット」1400円を。こちらは牛筋とマッシュルームが入っています。船山馨という作家が書いた『蘆日野』という小説にちなんだネーミングです。この『蘆日野』という小説は箱館戦争を題材とした歴史小説ですが、五島軒がモデルになっているそうです。
 五島軒蘆日野カレー

 こちらも大変美味しくいただけたそうです。
 レジの方でこのカレーのレトルトが売っていたので、お土産に買って帰ればよかったと少し後悔。
 次回函館へ来たときは、本店の方でロシア料理でも食べてみたいものです。

 この日、タワー裏手の桜は満開でした。これで五稜郭の桜は見納めです。
 五稜郭タワー裏の桜

 これにて98城目を数えた五稜郭関係はおしまいです。100名城まであと残り「2」城になりました。
 最後までお読みいただき有難うございました。


 ★よろしければコチラをクリックお願いいたします↓★
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ   
関連記事

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。