スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五稜郭タワー(一)

 五稜郭の☆型の城郭を把握するには、五稜郭のすぐ外にある五稜郭タワーの展望室から眺めるのが一番です。
 五稜郭タワーは五稜郭築城100年を記念して、1964年(昭和39年)に高さ60mの旧タワーが建設されました。
 2006年4月に高さ107mの新タワーがオープンし、現在に至っています。
 五稜郭タワー外観


 五稜郭タワーの入口を入ると、すぐ売店になっています。ここではお菓子や飲料、五稜郭グッズや新選組グッズなど多数揃えてあるのでお土産の購入に便利です。
 五稜郭売店

 それからホールには箱館戦争を戦った元新選組副長・土方歳三や、「蝦夷共和国」総裁・榎本武揚、五稜郭を設計した武田斐三郎のブロンズ像がありました。
 土方の立像は新選組ファンと思しき若い女性たちに人気の記念撮影ポイントになってます。土方は「蝦夷共和国」の幕僚の中で唯一戦死しました。
 土方歳三像1

 榎本武揚像。人気はイマイチ?4年前来た時は設置されてなかったような。。。
 榎本武揚像

 武田斐三郎。五稜郭設計にあたって参考とした西洋式築城法の書を片手にしています。これも4年前はなかったと思います。
 武田斐三郎像

 展望室は有料なので、券売所で入場料を支払います。なお、ここにも100名城のスタンプが設置されておりますので、利用してください。(受付の人に申し出れば貸していただけます)
 五稜郭券売所


 エレベーターで展望室2階へ。ここへ来たのは二回目ですが、やはり真っ先に窓側へ。☆型の五稜郭が遠望できます。
五稜郭遠望

 新しく出来た箱館奉行所もご覧の通り。
 箱館奉行所遠望

 なお、展望室には五稜郭の歴史や箱館戦争などについてパネル展示があります。GW中だけあって、混雑していました。
 五稜郭展望室

 そしてまたまた土方歳三のブロンズ像。こちらもお客さんには大人気で、皆さん入れ替わり立ち代り記念撮影しています。今も昔も二枚目は得ですね(笑)
 土方歳三像2

 展望室2階のすぐ下の階には売店や喫茶スタンド等があります。(省略)       つづく
 
 参考サイト 五稜郭タワー・オフィシャルウェブサイト


 ★よろしければコチラをクリックお願いいたします↓★
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ   
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

五稜郭

先日から何度かおじゃまさせて頂いているのですが、なかなかコメントが入れられなくてごめんなさい。
私も土方ファンですよ。
7年前にタワーで買った写真入りの携帯ストラップを、今も大事に持っています。

また函館に行きたいと思いながら、なかなか実現できません。
この記事を読んで、わくわくしています。

Re: 五稜郭

merry様
 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> 私も土方ファンですよ。
> 7年前にタワーで買った写真入りの携帯ストラップを、今も大事に持っています。
>
> また函館に行きたいと思いながら、なかなか実現できません。
> この記事を読んで、わくわくしています。

 あのあの・・・もしかして大河ドラマ「新選組!」の時でしょうかね。私もあのドラマはけっこう好きで、全回リアルタイムで見ていましたよ。
 土方歳三のグッズはいろいろ置いてありますね。私は以前、フィギュアを買って帰りましたが・・・。
 函館は浪漫を感じる町ですよね。私もお気に入りの町です。
 
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。