スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水了軒破産

 先日、新大阪駅のトイレの話題を書きましたが、また新大阪駅の話しです。
 
 ここで駅弁を販売していた「水了軒」さんが、先日破産していたというニュースを見ました。
 報道によれば、負債総額は3億円以上とのこと!明治時代に創業という老舗だけに、関西にお住まいの方たちにとってはさぞや驚かれたことでしょう。現在の社長さんで五代目だそうです。

 かくいう私も、ここの駅弁は食べたことがあります。つい、この間大阪へ行った時も買い求めた「八角弁当」です。たまたま、写真を撮ってました。

八角弁当

 感想は・・・私の味覚的には、可もなく不可もなく・・・という感じでした。全体的に味が薄かったような気がします。水了軒さんでは、八角弁当以外のものも食べたことがありますが、やっぱり印象が薄いです。
 (私が関東風の濃い味付けに舌が慣れているからかも)
 ただ、関西の方にとってはあの薄めの味付けが受けていたのでしょうし、なんとも懐かしい味、という事なのだと思います。

 駅弁には詳しくないので、このお店の業績悪化の詳細はわからないのですが、やはり時代の趨勢ということでしょうか。
 駅弁以外にも、列車に持ち込める食べ物は他にも色々ありますしね。
 
 また、駅弁事業もかつては地元の業者のみが担っていたものを、近年ではJRの子会社が参入したりしてきていて、競争が激化しているようです。それは大阪だけに限らず、他の地域でもそうでしょう。


 そういえば、前にも少し触れましたが、私は「コロニーな生活プラス」(略称コロプラ)という携帯ゲームをやっているのですが、新大阪駅での位置登録で入手できるゲーム上のお土産に、この八角弁当があったんですよね。今後、どうなるんでしょう。
 
 老舗の味がこうしてまた一つ消えていく。。。寂しいことではあります。

 ※蛇足になりますが、和歌山水了軒さんとは営業及び資本関係はないそうです。


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ   人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

水了軒が倒産・・・そうだったんですか。
新大阪には数年住んでいたのでちょっと悲しい情報です。
あともう少し値段が低かったら買っていたのだが・・
こうなってから、一度食べておけばよかったと少し後悔してしまうものですね(^^;

コメント有難うございます!

baisen様

はじめまして。コメント有難うございます。
水了軒さんが破産したのは、20日だったようです。いきなり事業停止、という事だったみたいです。

そういえば、価格が1100円くらいでしたっけ。ちょっと高めといえば、高めでしたよね。コンビニ弁当なら、この半額以下で済みますから。
でも、大阪の方にとってはごく当たり前にあった駅弁が姿を消すというのは、寂しいことだと思いますね。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。