スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱館奉行所(一)

 箱館奉行所正面2

 幕末、開国後の対外防衛のために江戸幕府が箱館山の麓からここ亀田の地に移設した箱館奉行所ですが、明治維新により、完成してからわずか七年の明治4年(1871年)に北海道開拓使の命によって解体されてしまいました。
 近年、箱館奉行所の復元という話が持ち上がった時、箱館奉行所を写した古写真が二葉(うち一枚は所在不明)あったので、それを元に多くの文献調査、発掘調査を行い、その甲斐あって昨年このように復元建物が完成しました。
 ちなみに手前の梅の木も古写真に写っており、元の位置に植えなおされました。

 私がカメラをもって奉行所の前をうろうろしていますと、近くにいた観光客らしき若いお兄さんが、
「シャッター押しましょうか」
 と言ってくださったので、ご好意に甘えて記念写真を撮ってもらうことに。奉行所の前に立って、
お兄さん「ハイ チーズ!」
 とその時。
 すぐ近くでバキバキバキバキー!といきなり大きな音がしました。
「なんか、木が折れたっぽいっすね」とカメラを返してくれながらお兄さんが言います。
 たしかに・・・折れてますた。。。(´・ω・`) ものすごい強風で、アカマツの枝が折れてしまっていたのです。お兄さんや私たちを直撃しなくて幸いでした。
 五稜郭の赤松

 お兄さんにお礼を言って、奉行所の中へ入ることにしました。
 玄関から入って、受付で入場料を支払います。
 奉行所の内部は大きくわけて4つのエリアに分かれています。まずは再現ゾーンから。
 長年にわたる調査により、出来る限り当時使われていたものと同じ用材を使用してあるそうです。

 手前より四之間、参之間、弐之間、壹之間の計72畳の大広間。畳は備後表の最高級のものを使用。
箱館奉行所内部1


 表座敷 奉行の執務室。最後の箱館奉行杉浦兵庫頭誠の書が掲げられていた。
箱館奉行所内部2

 
 武器置所 刀や槍、弓矢、鉄砲を置いていた。しかし、現在は何も置いてなくてガランとしています。
箱館奉行所内部3


 大広間脇の長廊下。この日は風が強く、すべて雨戸が閉められており、自然光が全く入らず薄暗かったです。
箱館奉行所内部4

 つづいて歴史発見ゾーン。
 奉行所の中で奉行、組頭に次ぐ役職であった御役所調役の執務室。室内には奉行所関係や箱館戦争等に関する説明パネルが展示されてある。
 箱館奉行所内部6

 屋根板の一部が開放され、建物を支える大きな欅の梁を見学できます。
 箱館奉行所内部5

 定役元締 定役手附の執務室。庶務経理等を行っていたという。この部屋もパネル展示があります。
 箱館奉行所内部8


 隣は映像シアター。箱館奉行所の復元までの軌跡をビデオで見ることができます。このビデオを見れば、多くの専門家が結集し、当時とほぼ同じ用材で復元を試みたその過程が詳しくわかります。
 これと同じ映像のDVDが、100名城のスタンプが設置されていた奉行所の向かい側にある売店(お休み処「いたくら柳野」)で販売されています。完全版とダイジェスト版の2種類置いてありました。なお、部屋は同心組頭、同心使役の詰所でした。
 箱館奉行所内部7

 
 長くなるので続きます。
 
 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サムッ

函館に日本建築って…松前のお役人さんは大変だったんでしょうね。
きっと実際運用されてたトキも薄暗かったのでは?@室内。

Re: サムッ

> 函館に日本建築って…松前のお役人さんは大変だったんでしょうね。
> きっと実際運用されてたトキも薄暗かったのでは?@室内。

とま様
 こんにちは。コメントどうも有難うございます。
 箱館ですが、この頃はすでに松前藩ではなく、幕府が直轄地にしていました。
 
 室内は燭台(電気式ですが)の明かりのみでしたね。まあ当時はあんなもんだと思うのですが、写真撮影でなるべくフラッシュたきたくなかった(建物の材が傷むので)のです。一眼レフではないので、撮影には自然光があると有難かったんですよね~(´・ω・`)
 去年復元されて、昨年暮れから今年の冬は暖房器具の設置がなく、ものすごい寒かったらしいですね。冬は行きたくねーです(笑)

箱館奉行所DVD欲いしです。

Re: タイトルなし

箱館奉行所様

 はじめまして。コメント有難うございます。

> 箱館奉行所DVD欲いしです。

 DVDですが、奉行所前の売店で販売していました。
 詳しくは奉行所の事務所まで問い合わせてみてください。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。