スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諏訪御寮人(武田信玄側室 勝頼母)の墓

 2007年のNHK大河ドラマは井上靖原作の「風林火山」でした。4年前ですので、ご記憶の方も多いかと思います。
NHK大河ドラマ 風林火山 総集編 [DVD]NHK大河ドラマ 風林火山 総集編 [DVD]
(2008/03/26)
柴本幸、ガクト(Gackt) 他

商品詳細を見る


 私はこの原作を小学6年くらいの時に初めて読みました。とても好きな作品で、何度も読み返して表紙もくたびれた本が今も手元にあります。
 ドラマ化されるというのでwktkしながら見たのですが・・・あまりにも原作とかけはなれているというか、まったく別のお話になっていたのでひどく失望しました。
 あのお話は、主人公の山本勘助と主君である武田信玄、その側室である諏訪頼重の女(作中では由布姫)の三角関係の話なのです。ところが、ドラマではその辺がしっかり描かれておらず、尻切れトンボで終わってしまったような感を受けました。
 そして、ヒロインである由布姫は某有名俳優さんと女優さんの娘が演じたのですが、この人がまた全然華がない感じで、この役は新人の彼女には荷が重かったようでした。
 最終回も酷い終わり方(首実検のやり方がおかしかった)だったので、せっかく全回録画していたものをすべて消去いたしました。唯一、板垣信方役の千葉真一さんだけが存在感がありました。

 ところで、私が学生時代、新田次郎原作の大河ドラマ「武田信玄」を放映していました。中井貴一さんが武田信玄を演じました。
NHK大河ドラマ総集編DVDシリーズ 武田信玄NHK大河ドラマ総集編DVDシリーズ 武田信玄
(2002/09/27)
中井貴一、柴田恭兵 他

商品詳細を見る


 こちらもヒロインは諏訪頼重の女で、実名がわからないので新田次郎は「湖衣姫」と名付けました。ドラマでは「ナンノ」こと女優の南野陽子さんが演じました。
 最近、DVDで見直してみたのですが、やはり南野陽子さんの「湖衣姫」のほうが断然良かったです。南野さんといえば、私の世代のアイドルで「スケ番刑事」のヒロインで一世を風靡したのですが、元々綺麗な方ではありますが、お姫様にふさわしい美しさ、華やかさがありましたね。
 (余談になりますが、このドラマで武田信玄は中井貴一さんが演じたのですが、聞いた話ですと、当初は松平健さんが信玄役で起用予定だったらしいです。しかし、スケジュールの都合で実現しなかったという話です)

 それから、古い作品になりますが、三船敏郎が山本勘助を演じた映画もあります。このDVDは我が家にもあるのですが、原作のイメージ通りの佳作です。ヒロインの「由布姫」は佐久間良子さんが好演しています。
 信玄が中村錦之助、上杉謙信が石原裕次郎という豪華キャストなので、未見の方は是非一度ご覧になってみてください。
風林火山 [DVD]風林火山 [DVD]
(2004/12/23)
三船敏郎、中村錦之助 他

商品詳細を見る


 前置きが長くなりましたが、今回のお墓は「由布姫」または「湖衣姫」こと「諏訪御寮人」のお墓です。高遠の「建福寺」(伊那市高遠町西高遠1824)という臨済宗の寺にあります。法名は「乾福寺殿梅厳妙香大禅定尼」です。
諏訪御寮人の墓1

 諏訪御寮人は武田信玄の妹婿で、後に信玄によって滅ぼされた諏訪頼重の妾腹の娘でした。彼女は亡父の敵である信玄の側室となり、一子勝頼を生みました。
 しかし、彼女の人生についてはまったくといってよいほどわかりません。わかっているのは信玄の側室になって勝頼を生み、弘治元年(1555年)にわが子・勝頼の成長を見ることなく若くして身罷ったことだけです。
 ですから、その生涯がいかなるものだったか、そして本名すら伝わらない「悲劇のヒロイン」なのです。
 諏訪御寮人の享年は24,5歳だったそうですが、後に息子の勝頼の代で武田家が滅亡したことを思えば、それを知らずに死んでかえって幸せだったのかもしれません。

 建福寺には、諏訪御寮人の墓(右)と並んで、武田氏滅亡後に高遠城主となった保科正直(中)、正光(左)のお墓があります。
諏訪御寮人の墓2

 三人とも死んだ年が隔たりがあるにもかかわらず、なぜかこの三基の墓は同じ形をしています。
 その理由ですが、後年、保科松平家の子孫が保科正直、正光の墓を建て替えた時、近くにあった諏訪御寮人の墓を保科家の所縁の者と勘違いして、同じような形の墓で建て直してしまったそうなんですね。
 ちなみに、保科正光は二代将軍・徳川秀忠の妾腹の子、保科正之の養父となった人です。

 このお寺さんの山門下には、江戸時代後期に造られた石仏が並んでいました。当時、高遠には守屋貞治という石匠がおり、彼とその弟子の作品だそうです。つい気づかずに通りすぎてしまうような場所にありますが、風情がありますね。
建福寺


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ 
関連記事

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 有名人の墓(さ行)

コメントの投稿

非公開コメント

風林火山

お久しぶりです。柴です。
お墓めぐりもこのように由緒が書かれていると風情が出るものなのですね。説得力ありますよ。

小学生の女の子が「風林火山」を読んでいたのですか!
「栴檀は双葉より芳し」ですね。感心します。
私も読書量は多い方でしたが、小学校の時はせいぜい少年少女文学全集のレベルでした。

三船敏郎の「風林火山」、私も観ました。勘助の荒々しさがよく出ていました。
佐久間良子の諏訪御寮人も断然こちらの方がお姫様らしい神々しさがありましたよね。

実は私、三船の映画は好きで黒澤作品を含めほとんど観ています。
先日「グランプリ」という旧い洋画をDVDでレンタルしました。
高校生?の時一度観たことがあるのですが、今見ても結構見ごたえがありました。
これにも三船がF1オーナー役で出ていましたね。

由布姫の墓

私も「風林火山」の年に、ゆかりの地めぐりをして、この由布姫のお墓に行きました。
でも、
>諏訪御寮人の墓を保科家の所縁の者と勘違いして、同じような形の墓で建て直してしまったそうなんですね。
そうなのですか(笑)
そういえば、3つ並んでいたのは覚えています。

それにしても、六文銭さんは、何でもよくご存じですね。
感心します。

えいがー

確か、三船のヤツは見ましたネ。

裕次郎が妙に浮いてたなぁと。

Re: 風林火山

 柴さま コメント有難うございます。レスが遅くなり失礼いたしました。

 本文にも書きましたが、大河ドラマ「風林火山」には失望しましたが、三船敏郎の「風林火山」は見ごたえがありましたね。やはり武将の風格があります。佐久間良子さんも若い頃でしたが、お姫様らしい艶やかさがありましたね。
 三船はハリウッドでも評価されましたし、いまだに外国人がイメージする日本人俳優といえば彼ですね。もともとは俳優志望というわけではなかったらしいですが…。スター街道まっしぐらでした。現在見ても色あせない、男の魅力のあった俳優さんだったように思われました。

Re: 由布姫の墓

merry様
こんばんは。コメントどうも有難うございます。
高遠へ行かれたことがおありとのこと、なつかしくご覧いただけたのではないでしょうか。
高遠は武田氏の歴史が今も伝えられており、少々ですが史跡も残っていますね。
もともと私は城めぐりではなく、墓めぐりをやっていたので世間的にはあまり役立たない雑学ばかり仕入れてしまって・・・お恥かしいかぎりです。ただ、後で現地へ出かける方になんらかの参考になれば幸いです。お墓については詳細がわからない事も多々ありますね。

Re: えいがー

> 確か、三船のヤツは見ましたネ。
>
> 裕次郎が妙に浮いてたなぁと。

とま様 こんばんは。コメント有難うございます。

石原裕次郎ですが、三船と仲が良くて出演を決めたという話を聞きました。彼が時代劇とはめずらしかったですね。「風林火山」を見て、私も少々違和感がありましたね。
私の世代ですと、裕次郎さんといえばやはり「太陽にほえろ」なんですが(笑)
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。