スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高遠町歴史博物館/96城目制覇

つづき 
 桜を見に行ったのに、全然咲いてない・・・というトホホな結果だったのですが、ここまで来たら100名城のスタンプは忘れずに押印して帰らねばなりません。
 以前、スタンプは城址公園内の「高遠閣」の中にあったそうですが、昨年あたりに高遠町歴史博物館というところに移されたというのでまずそこへ向います。

 公園の南ゲートを出て、南へ向って歩きます。途中、出店が出ていたので「さくらソフトクリーム」を。「すずらん牛乳」という信州産の牛乳を使用しているんだとか。私はアイス系は大好きなので、ちょっと気を取り直しました(笑)
さくらソフトクリーム

 歩いて5分足らずで高遠町歴史博物館に到着。高遠の郷土関係の史料を収蔵しています。
 桜の時期は、城址公園入場券を提示すれば入館料を100円割り引いてくれます。(通常料金 大人400円 小・中学生200円) 4月中は無休で開館しています。
高遠町歴史博物館

 入口を入ったところに100名城スタンプを発見し、無事押印。これで96城目です。
高遠城スタンプ

 同博物館では春の収蔵展が開催中でした。武具や古文書等が展示されており、さらっと見学。
 受付でこの後の恒例の墓めぐりについて、係の方に相談。ていねいに対応していただけました。

 無事スタンプもゲットし、博物館を出ます。入口を出てすぐ左手に、保科正之とその正母・お静の石像がありました。4年前に来たときはなかったので、最近出来たものと思われます。
保科正之公像・お静地蔵

 保科正之(1611~1673)というのは、徳川幕府二代将軍・徳川秀忠の妾腹の子で、三代家光の異母弟にあたる人物です。なかなかの名君として知られ、幕閣の重鎮でもありました。
 徳川秀忠ですが、正室は今年の大河ドラマの主人公であるお江。姉さん女房をもらったということだけあって、お江には頭の上がらなかった恐妻家というのが定説です。ただ一度だけ、「出来心」からお静という女に手をつけてしまい、お静は懐妊してしまいました。月満ちて生まれた男児は幸松と名付けられます。これが後の保科正之です。
 嫉妬深いお江をはばかった秀忠は幸松の扱いに困り、自分の子として認知せず、幸松を武田信玄の娘で穴山信君夫人であった見性院に託します。
 長じて幸松は信州高遠藩主・保科正光の養子となり、保科家の人となります。
 ですから、この高遠は保科正之が若き日を過ごしたゆかりの土地でもあるわけです。
 このように保科正之は複雑な生い立ちでしたから、人一倍気配り上手でもあり、異母兄にあたる家光からもその人柄を愛され、信頼されていたということです。

 だいぶ以前から、高遠町では「保科正之を大河ドラマに!」という大河ドラマ誘致運動に力を入れていて、署名活動なども行っているようです。
 保科正之・・・なかなかひとかどの人物でもあり興味深いのですが・・・。
 一年間のドラマの主人公としてはどうでしょう。彼にまつわるエピソードですとか、少々ドラマ性に欠けるような気がしないでもありません。地元の方々の熱意に水を差すようで申し訳ないのですが、私見で言わせていただくと少々難しいものがあるように思いました。
 結局、大型ドラマの主人公というのはやっぱり限られてくるんですよね。どこぞのドラマのように、事跡がほとんどわからない人を無理やりヒーローやヒロインに仕立て上げても、ドラマが進むにつれて次々と話に無理が出てくるんですよね。
 ですから、お正月の特集ドラマなどでやる分には良いのではないか、と思われます。

 博物館の付近からは高遠湖と南アルプスが見えました。私は海よりも山のほうが好きなので、信州の山並みを眺めると癒されます。
 南アルプス

 博物館脇の駐車場の桜。数厘咲いていて、どこかのバスツアーの客がその下でお花見弁当を食べていました。
 DSCF1520.jpg

 次回は恒例の高遠お墓巡りです。


 おかげ様で96城制覇。いつも応援有難うございます↓
 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : 桜や紅葉の名所・観光地情報
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

96城制覇

96城目制覇、おめでとうございます。
あと4城ですね。もう少しです。

高遠といえば、保科正之ゆかりの地ですが、こんな銅像もあるのですね。
私も4年前に高遠に行きましたが、これにはお目にかかっていません。

そしてお墓めぐり・・
どんな人にお墓があるのか、次回の記事が楽しみです。

Re: 96城制覇

> 96城目制覇、おめでとうございます。
> あと4城ですね。もう少しです。
>
> 高遠といえば、保科正之ゆかりの地ですが、こんな銅像もあるのですね。
> 私も4年前に高遠に行きましたが、これにはお目にかかっていません。
>
> そしてお墓めぐり・・
> どんな人にお墓があるのか、次回の記事が楽しみです。


merry様
コメント有難うございます。震災ショックで色々滞っておりましたが、何とかやる気を取り戻しました。

保科正之ですが、ここ数年でかなり顕彰活動が活発化したようです。今年の「江~姫たちの戦国~」には後半の方で少しは登場しますでしょうか、どうでしょう・・・ちょっと注目ですね。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。