スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北歴史博物館

つづき
 3月11日の大震災からそろそろ一月が経ちます。東京も先日桜が満開となりましたが、うちの近所にも桜のある公園が二つありますが、例年なら近所の人たちが食べ物や飲み物を持ち込み、ワイワイお花見を楽しんでいるのに、今年はほとんど見られません。やむを得ないことと思われます。

 さて、宮城県の多賀城址の東南方約1kmのあたりに、多賀城に付属する寺院の跡がありました。ところが、当時の文献にはその寺院について記されていないということです。
多賀城附寺4

 昭和36~37年(1961~62年)に発掘調査が行われ、寺の建物の礎石などが見つかったそうです。
多賀城附寺1

 伽藍の跡。
多賀城附寺2
多賀城附寺3

 多賀城や附寺の発掘から、奈良時代からこの周辺が開けていたことがわかります。

 附寺のすぐ側に、東北歴史博物館があったので寄っていきました。
東北歴史博物館

 こちらの博物館、宮城県の博物館なようですが、展示内容は東北全般の歴史(縄文~現代まで)を扱っていました。ただ、扱っている時代が広範囲なため、やや漠然とした感じは否めませんでした。
 なお、多賀城のミニチュアの模型が展示してあるので、見ていかれると良いと思います。(著作権の関係上、写真撮影不可でした)
 先述しましたが、東北歴史博物館には多賀城の100名城スタンプは設置されていないのでご注意ください。(勘違いして来ている人がいました)
 
 展示室の様子。中央に星型のマークの旗があります。幕末の「奥羽越列藩同盟」の旗です。
 振り返ってこの当時(2008年)の写真を見直しておりますと、東北各藩は戊辰戦争の時に官軍の襲来で国を追われるという辛苦を味わい、そしてまた今度の大震災でも大きな被害を被り、どうして東北の人たちはこのような苦労を重ねなければならないのだろう・・・と考えこんでしまいました。
奥羽越列藩同盟

 なお、施設内のレストランでは古代米のランチを頂けます。(価格は忘れました)フレッシュな野菜も添えられて、体に優しいメニューとなっていました。
古代米

 同博物館のサイトを見てみましたが、やはり現在震災の影響で閉館中だということです。4月下旬再開予定ということですが、あの周辺も津波で我々の予想をはるかに超えた酷い被害が出ており、観光で出かけるのはしばらく難しいのではないか、と思われました。
 
 (この記事を書いている途中で、また宮城県で震度6強の強い地震がありました。余震がおさまらず、いまだ落ち着かないですね)
                      つづく

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ 
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。