スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アド街」とドラマSP「遺恨あり」を見る

 深夜12時をまわり、日付が変わってしまいました。土曜日の夜はたいてい我が家では、テレビ東京で放映中の「出没!アド街ック天国」を見ています。
 しかし、今夜は同じ時間に、テレビ朝日で時代劇、それも私の好きな作家・吉村昭原作のドラマを放映とのことで、正直どちらを見ようか迷いました!
 結局、アド街を見て、ドラマのほうは録画することにしました。

 今回紹介された街は、「水戸」でした。なんという奇遇・・・この前水戸へ行っていたので、恒例の梅まつりで賑わう偕楽園をはじめ、水戸の様々なスポットが紹介されていました。水戸城もちゃんと含まれていましたね。
 私も数度水戸へは行っていますが、まだまだ知らない所が多いですね。毎度、食事処やお土産処などは自分の旅でもちょくちょく参考にさせていただいてます。
 この番組もかなり長いので、最近ちょっとマンネリ化しつつあるように思うのですが、今回の水戸はそうでもなくて、見ていて楽しかったです。


   ***************************
 
 「アド街」が終わった後、チャンネルを変えてテレビ朝日へ。
「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」(←あらすじを知りたい方は左記公式サイトへ)

 これは幕末から明治にかけて実際におきた事件(仇討)を作家の故・吉村昭が短編小説として書いた「最後の仇討」が原作となっています。
 現在は「敵討」 (新潮文庫)の中に所収されております。


  
敵討 (新潮文庫)敵討 (新潮文庫)
(2003/11)
吉村 昭

商品詳細を見る



 主演は藤原竜也さん。その他、「ゲゲゲの女房」でブレイクした松下奈緒さんや、吉岡秀隆さん、小沢征悦さん、北大路欣也さんなどが脇を固めています。
 まだ録画したものを最初から見ていないのですが、割合落ち着いて見られたと思います。普段は明朗な印象の藤原さんが暗いうなり声を出していたりして、両親を惨殺され、両親の敵と自らの運命を呪って生きてこざるをえなかったという主人公の役にすっかりなりきっておられたようでした。

 それから、「山岡鉄舟」役の北大路さんが良かったですね。北大路さんは、山岡鉄舟のような剣客ははまり役だと思いますし、圧倒的存在感がありました。
 過去の大河ドラマですと、「独眼竜政宗」の伊達輝宗(政宗の父)役は本当に良かったです。逆に、北大路さんのキャラクターからすると、某ドラマの徳川家康は残念ながらあまり似合っていらっしゃらないような気がします。
 最近はCMでも新たな一面を開拓された人気の北大路さんですが、やはりこの方は時代劇になくてはならない方だと思います。

 それから、藤原さんを裁く裁判官の役で吉岡秀隆さんが出ておられましたが、この方も是非時代劇に出ていただきたい俳優さんの一人です。
 後半の方では、「斬られ役」の福本清三さんが、衛視?の役で出ておられたみたいで、微笑ましかったです。(松下さんと台詞のやり取りしてました)

 やっぱり、原作がしっかりしているとドラマもいいですね。原作の吉村昭さんは5年前に病気で亡くなられたのですが、死後もこのようにドラマの原作になるなど、読み継がれていることを嬉しく思います。
 吉村さんの作品は史実を忠実に追い、細かい点まで行き届いた取材をもとに描かれた力作ばかりです。吉村さんの作品を原作に選んだこのドラマの制作者はよく本を読んでおられるようで感心しました。
 余談ですが、吉村さんの地元である東京都荒川区では、吉村さんの文学館設立の話が持ち上がっていると聞きました。(詳細はまだ未定のようです)
 
 まだまだ書き足りないのですが、眠気が襲ってきましたので今日はこの辺で。

 
 関連記事 
春の訪れ 水戸・偕楽園
映画「桜田門外ノ変」オープンセット!


  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : ドラマ・映画
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。