スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安政大地震で圧死した藤田東湖(後)

 つづき

 水戸藩第九代藩主・徳川斉昭に認められ、斉昭の進める藩政改革に参画し、大活躍の藤田東湖でしたが、その人生に突如暗雲が立ち込めます。
 弘化元年(1844年)5月、斉昭に随行して江戸へ出府しますが、いきなり幕府から斉昭の致仕謹慎処分が下されました。なおかつ、家臣である東湖も連座して御役御免の上、蟄居を命じられ、江戸藩邸の一室へ幽閉されてしまいました。好事魔多しとはこのことです。斉昭の処分の理由は、どうやら藩政改革の上で寺院破却と梵鐘没収を行い、代わりに一村一社の鎮守制と寄子制を進め、幕府の政策である寺請制度を否定したことに仏教界が反発し、幕閣に対して突き上げがあったことによるものと考えられます。(これを「甲辰の国難」という)
 俸禄、自宅も没収された東湖は厳しい謹慎生活を送りますが、おのれの境遇を嘆息しつつも、自らを励ましながら、『回天詩史』、『和文天祥正気歌』(通称『正気歌』)を草し、『弘道館述義』を著しました。これらの著作は、後に尊攘志士たちに広く愛読愛唱され、彼らの精神昂揚に一役買ったということです。

 しかし、東湖が表舞台へ復帰する機会は意外にも早く訪れます。嘉永6年(1853年)、アメリカのペリー提督が浦賀に来航し、未曾有の国難ということから幕府は徳川斉昭を海防参与として幕政に参画させることを決め、東湖も江戸藩邸に召し出され、幕府海岸防禦御用掛を命じられ、再び斉昭のもとへ近侍することになりました。安政元年(1854年)には失脚前の役職であった側用人に復帰出来ました。

 老体に鞭打ちながら、職務に励む毎日を送っていた東湖でしたが、悲劇は突然訪れます。
 安政2年(1855年)10月2日、突如として大地震が起こり、その時江戸藩邸にいた東湖は一度は脱出するものの、部屋に忘れ物をしたという母親が再び邸内に戻ろうとしたので東湖も母親を追いましたが、その時上より太い梁が落下してきたため、母親の身を守ろうと咄嗟に自らの肩で受け止めましたが力尽き、その下敷きとなって圧死しました。東湖の娘の証言では即死だったということです。時に東湖50歳。

 東湖の遺骸は水戸へ送られ、葬儀が執り行なわれた後、常盤共有墓地にある藤田家の墓へ葬られました。
藤田東湖の墓

 「一寸先は闇」という言葉がありますが、一度は幕命により失脚したものの、再び返り咲いて、さあこれからという時に安政の大地震で亡くなった東湖ですが、本当に気の毒な運命といわざるをえません。
 東湖は人徳、教養に優れ、人付き合いも良かったらしく、横井小楠、橋本左内、佐久間象山、西郷隆盛など多数の著名人と交流があったといい、東湖の死を知らされると、それぞれが哀惜の念を吐露したといいます。そして主君の徳川斉昭こそ自らの片腕と頼んでいた東湖の死は相当ショックだったことでしょう。

 藤田東湖の墓へは4年前の2007年に参詣していますが、それから長らくあまり思い出すこともなかったのですが、先日、同じ常盤共有墓地内にある「格さん」の墓を紹介したので、これから現地へ行かれる方は是非東湖の墓もお忘れなきようにと記した次第です。お墓は墓地の北端のほうにあります。  合掌(-人-)
                    
 参考文献
 
藤田東湖 (人物叢書)藤田東湖 (人物叢書)
(1997/12)
鈴木 暎一

商品詳細を見る



 関連記事 水戸城をゆく1 弘道館


  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  
 
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 有名人の墓(は行)

コメントの投稿

非公開コメント

渡辺裕之

藤田東湖と言えば、大河「徳川慶喜」での渡辺裕之さんが一番印象に残ってます。
スポーツマンの渡辺さんと東湖はちょっとイメージが違うような気がしますが、
渡辺さんも水戸出身で役への思い入れが強かったのが表現されていたのでしょう。
「藤田東湖死亡」というワンカットだけでしたが、安政の大地震で亡くなるシーンもちゃーんと覚えてますよ。


そうそう渡辺さん、映画「桜田門外ノ変」でも水戸藩士役で出てましたね。

Re: 渡辺裕之

> 藤田東湖と言えば、大河「徳川慶喜」での渡辺裕之さんが一番印象に残ってます。
> スポーツマンの渡辺さんと東湖はちょっとイメージが違うような気がしますが、
> 渡辺さんも水戸出身で役への思い入れが強かったのが表現されていたのでしょう。
> 「藤田東湖死亡」というワンカットだけでしたが、安政の大地震で亡くなるシーンもちゃーんと覚えてますよ。

> そうそう渡辺さん、映画「桜田門外ノ変」でも水戸藩士役で出てましたね。

★柴様
コメントどうも有難うございます。先ほど、「アド街」見てましたら、水戸出身ということで渡辺裕之さんが出演されておられました。VTRで渡辺さんのお母様も出ていらっしゃいました。

大河ドラマ『徳川慶喜』はあいにく見ていませんでした。『桜田門外ノ変』は見逃してしまったので、4月くらいにDVDが出るということですので、そちらを見てみたいと思います。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。