スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸城を撮った男 横山松三郎

 先週、今週と二度茨城へ行ってきましたので、その続きを書こうと思いましたが、どうも数日前から風邪っぽい症状が出ていて、イマイチ調子があがりません。鼻水とくしゃみが続くことがあるので、もしかしたら花粉症かもしれませんが・・・。頭重感がして、思考がまとまりませんので、最近見た展覧会の中からひとつ書いておきます。
 
 東京両国にある江戸東京博物館で、企画展「140年前の江戸城を撮った男 ― 横山松三郎展」が開催中です。
横山松三郎展

 横山松三郎(1838~1884年)という人は幕末に北方の択捉(えとろふ)島で生まれ、父を早くに亡くしたので、その後母親と共に箱館(函館)に移住しそこで育ちます。
 アメリカのペリー艦隊が箱館に寄航した事を契機に、写真術に関心を持ち、以後苦労しながら写真術を研究し、ついには上野池之端で写真館を立ち上げます。
 彼の業績の中で特筆すべきなのは、明治政府の役人であった蜷川式胤という人に依頼され、江戸幕府崩壊後荒れ果てていた江戸城を色々な角度から撮影したことです。今回の展示の中でそれを見ることができます。(重要文化財)
江戸城

 横山が撮影した写真はお城関係の書籍の中でもよく掲載されており、彼のおかげで幕末維新の頃の江戸城の姿を我々は知ることが出来たわけです。これら一連の写真は故意に焼きを甘くしていて、それに画家の高橋由一が彩色を施しています。
 このほか、横山が撮影した日光の風景や奈良の正倉院の写真など、様々な記録写真が展示されています。後年、気球を飛ばして空中写真の撮影も試みていたようです。
 横山は写真家として自立しましたが、その他に油絵なども得意として、今回数点が出品されています。自らを描いた「自画像」もありますが、ぼさぼさに伸びた髪と髭で覆われた顔に宿った眼光の鋭さが印象的でした。個性的な人物だったことがうかがわれます。
 
 横山は写真家ですので、風景以外にも多くの人物も撮影していますが、今回展示の最後の方に、「時任為基」という人の肖像写真が展示してあるのに気づきました。苗字からピンと来た方もいるかもしれませんが、この人は俳優の時任三郎さんのご先祖様にあたる人です。(その旨のキャプションは記載がありませんでしたが)時任さんといえば、今年の大河ドラマで浅井長政の役で初回のみ登場していましたね。
 時任為基は元々家が薩摩藩士だった人で、明治以後は役人になりました。たしか、箱館の開拓と街作りに貢献した人物だったと記憶しています。なお、子孫である時任三郎さんにはあまり似ていませんでした(笑)。

 出展数はそれほど多くありませんが、江戸から明治への移りゆく時代の変化を「写真」という新しい技法で記録に残そうとした横山の意欲が伝わってくる展示です。私はやはり、昔の江戸城の様子が判って面白かったです。なお、お城の写真には当時の人々・・・おそらく横山の写真撮影に同行したスタッフ?たちの姿も写っていて、ご愛嬌があります。

 会期は3月6日まで(途中で展示替があります)。
 次回の記事では、函館にある横山のお墓についてご紹介します。


関連記事 横山松三郎の墓


 ★ご面倒おかけしますが、よろしければブラウザを閉じる前に下記バナーをクリックお願いいたします★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ 
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。