スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ随想(2) 敵は本能寺にあり

元本能寺

 ちょっとここで、「コーヒーブレイク」です。皆様は今年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」ご覧になっていらっしゃいますか?ご覧になっておられる方は感想は如何でしょうか?
 私などは今年の正月に行きがかりで、大河ドラマの関連番組に出演(実際はカットされてしまい、何の存在感も無かったのですが 笑)してしまったため、発言は控えさせていただきますが・・・(汗)
 ところで、今日放映の回が「本能寺の変」ですね。上の写真は京都市中京区の本能寺があった場所です。(2008年撮影)現在は福祉施設か何かになっているようですが。
 織田信長を演じる豊川悦司さんですが、意外に信長役にぴったりはまっているような印象があります。ただ、残念なことに信長があまりにも物分りがよすぎて、本来の彼のキャラクターである「狂気」があまり感じられないことです。これは役者さんの演技力のせいではなく、ひとえに脚本のせいです。豊川さんならエキセントリックな信長も堂々演じられであろうに、実にもったいない事ですね。
 新聞やネットのドラマ評を見ましたが、賛否両論、というより、今のところ「否」の方が少々目立ちますね。やはり、昔からの大河ドラマファンや時代劇を見慣れている人にとっては、現代風の解釈で迫るよりも、従来のオーソドックスなドラマを期待していると思うのですけどね。どうでしょうか。

 過去の時代劇で織田信長はいろいろな作品に登場しています。
 前にも書きましたが、リアルタイムで初めて見た大河ドラマは「徳川家康」でした。この中で、当時新人だった役所広司さんが信長を演じていて、それがとても清新で、強い印象に残っています。

 以前、DVDで昔の大河ドラマ「国盗り物語」を見ましたが、俳優の高橋英樹さんが信長役を演じておられ、なかなか面白かったですね。ちなみに、信長の正室・濃姫は松坂慶子さんでした。若き日の松坂さんの美しかったこと!私は暮れにNHK放送センターの入口で彼女を見かけたのですが、かなりぽっちゃり目になっておられて、びっくりしました(当たり前ですね。娘さん二人ももう大きいですし) 
 この「国盗り物語」(司馬遼太郎原作)ですが、残念ながらNHKには総集編以外に元映像が残っていないそうです。当時高価だったというVTRを使いまわしていたからだそうですが、実に残念なことですね。総集編がとても面白かったので、本編のほうも是非見たかったのに。VTR撮りではなく、フィルムで撮影しておけば残ったでしょうに、と思うのですが。リアルタイムでご覧になれた方は幸せですね。かの昭和天皇もこのドラマを見るのを毎回楽しみにされていたそうです。

 ところで、司馬遼太郎や山岡壮八の小説では、本能寺の変で、濃姫は夫・信長と共に運命を共にしています。当時は、濃姫の没年などがよくわかっていなかったからなんですね。
 ところが、平成になってから、ある歴史研究家の方が京都の大徳寺総見院にある織田家の墓所から濃姫と思われる人の墓を確認して、濃姫が本能寺後も長生きしていたことがわかりました。(私は平成4年に『歴史読本』でその記事を読みました。当該誌は今も手元にあります)
 ですから、最近の作品では、本能寺の変に濃姫は出てきませんね。(ただし、「巧妙が辻」を除く)

 最近のドラマですと、「天地人」で吉川晃司さんが演じた信長はよい感じだったと思います。吉川さんは意外といっては失礼ですが、時代劇もお似合いですね。昨年でしたか、藤沢周平原作の時代劇映画に出演されてましたが、音楽活動もお忙しいでしょうが、また是非時代劇にお出になっていただきたいものです。

 逆に、ミスキャストだなあと思ったのは、「信長 KING OF ZIPANGU」で緒形直人さんが演じた信長です。当時リアルタイムで毎週見ていたのですが、あれはちょっと無理があったように思います。緒形直人さんは元々演技力のある俳優さんで好印象な方ですが、どうよく見てあげても、全然信長っぽく見えなかったのを覚えています。

 最後に、明智光秀が本能寺へ奇襲をかける前によく言われるせりふ「敵は本能寺にあり」ですが、あれは江戸時代にマルチな文化人であった頼山陽が自ら作った漢詩の中でそのように書いたもので、それが広まって「ことわざ」化して今に伝わっています。元ネタは「明智軍記」だそうです。
 ですから、実際に光秀が口にした言葉ではないんですね。頼山陽は歴史をあたかも見てきたかのように叙述するのが得意だったようですね。
 「本能寺の変」に関しては、研究者の方が実に様々な説を提起しておられますが、自分がこれまで諸説を見たかぎり、光秀の単独犯行説を支持します。あの状況は突発的ですし、結果からしても光秀の準備不足なのは明らかだからです。



より大きな地図で 本能寺跡 を表示



★ご面倒おかけしますが、よろしければブラウザを閉じる前に下記バナーをクリックお願いいたします★
人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ 
関連記事

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

大河ドラマ・・・

大河ドラマは毎年楽しみに観ているおじさんですが・・・

特に今回はあの「のだめ」の樹里ちゃん(実はファン(笑))が主役の「江姫」を演じるということで期待して観ています。(笑)

てか、毎回の事ですが・・・
「大河ドラマ」と銘打つ以上は、あまりにも史実と違い過ぎることは止めて欲しいと思いますね・・・
我が家の歴史にうとい誰かさんなどはそのまま信じてしまいますから・・・(笑)

今回の放送では、そもそもは当時9歳か10歳?の「江姫」が信長と絡むこと自体に無理があるのですが・・・、
「本能寺の変」の時に、「江姫」が家康とともに堺に居て一緒に脱出した・・・と言うのにはねぇ・・・(あはは

まぁ・・・文句を言いながら、結局1年間観てしまうとは思いますが・・・(笑)

信長役と言えば

おはようございます。今日は休暇なので、朝から失礼します。(^_^)
大河ドラマの信長を全てリアルタイムで観ている私だから断言できます。
何と言っても65年「太閤記」の高橋幸治さんがナンバーワンでしょうね。

と言っても観てなければ分からないでしょうから、具体的に。
行動的な信長、野生的な信長、狂気の信長とその後いろんな俳優さんが出てきましたが、
クールで品がよく、最も「威厳」があったのが、高橋信長だったでしょう。
本来8月にあるはずの「本能寺の変」が、あまりの人気に10月にズレ込んだくらいですから。

それから後が「太閤記」は忙しかったですよ。
天下人になった秀吉が死ぬまで12月の1ヶ月しかなかったですもの。
あっ、そうそう後半の秀吉を観るなら13年後に作られた「黄金の日日」がいいですよ。
これなら完全版がでているので、高橋信長の片鱗もうかがい知ることができます。

高橋幸治さん、69年「天と地と」の武田信玄やA☆六文銭さんも観られたという「関ヶ原」でも大谷吉継役で好演してましたね。
静かだけど知的で存在感の大きな役にうってつけの俳優さんです。
同じ信長でも別の高橋さんのようにバラエティやCMに出てないので、重々しいイメージのままです。
こういうイメージを大事にする俳優さんは心に浸みてきますよね。

元本能寺

ちょうど昨日6日、この元本能寺に行ってました。
ここがかの有名な歴史の舞台になったかと思うと、感慨深いですね。

それにしても六文銭さんは、いろいろと詳しいですね。
いつも読ませていただいて、勉強しています。

Re: 大河ドラマ・・・

> 大河ドラマは毎年楽しみに観ているおじさんですが・・・
>
> 特に今回はあの「のだめ」の樹里ちゃん(実はファン(笑))が主役の「江姫」を演じるということで期待して観ています。(笑)

★がっきやのおじさん様
 お世話になっております。コメント有難うございます。
 上野さん、なかなか元気印の女優さんですね。「のだめ」は見ていなかったのですが、旬の女優さんだと思います。

> てか、毎回の事ですが・・・
> 「大河ドラマ」と銘打つ以上は、あまりにも史実と違い過ぎることは止めて欲しいと思いますね・・・
> 我が家の歴史にうとい誰かさんなどはそのまま信じてしまいますから・・・(笑)
>
> 今回の放送では、そもそもは当時9歳か10歳?の「江姫」が信長と絡むこと自体に無理があるのですが・・・、
> 「本能寺の変」の時に、「江姫」が家康とともに堺に居て一緒に脱出した・・・と言うのにはねぇ・・・(あはは
>
> まぁ・・・文句を言いながら、結局1年間観てしまうとは思いますが・・・(笑)


★去年の「龍馬伝」にはガッカリだったので、また同じような事は繰り返してほしくないですね(汗)
 上野さんは今の役の年齢に合っていないので可哀想です。この辺は女優さんの責任ではなく、演出の人の配慮が足らないのです。ドラマ評を見ていても、役者さんと役柄の年齢に違和感があるという人たちが多いですね。

Re: 信長役と言えば

> おはようございます。今日は休暇なので、朝から失礼します。(^_^)
> 大河ドラマの信長を全てリアルタイムで観ている私だから断言できます。
> 何と言っても65年「太閤記」の高橋幸治さんがナンバーワンでしょうね。
>
> と言っても観てなければ分からないでしょうから、具体的に。
> 行動的な信長、野生的な信長、狂気の信長とその後いろんな俳優さんが出てきましたが、
> クールで品がよく、最も「威厳」があったのが、高橋信長だったでしょう。
> 本来8月にあるはずの「本能寺の変」が、あまりの人気に10月にズレ込んだくらいですから。

★柴様
 こんにちは。朝からコメント有難うございます。
「太閤記」が評判が良いのはかねてより聞いていましたが、65年はまだ私生まれてない(というか両親もまだ結婚前でした)のですね。
 NHKの特番で、1話だけフィルム撮りした回が残っているらしいと聞いたのですが、NHKアーカイブスでも行けば見られますかね?総集編も残っていないそうで、残念ですね。


> 高橋幸治さん、69年「天と地と」の武田信玄やA☆六文銭さんも観られたという「関ヶ原」でも大谷吉継役で好演してましたね。
> 静かだけど知的で存在感の大きな役にうってつけの俳優さんです。
> 同じ信長でも別の高橋さんのようにバラエティやCMに出てないので、重々しいイメージのままです。
> こういうイメージを大事にする俳優さんは心に浸みてきますよね。

★そうですね。下手にバラエティなどには出ず、ご自身のイメージを保ち続けていらっしゃる心がけはご立派です。最近は引退?状態なのでしょうか。どうなさっているのか気になりますね。

Re: 元本能寺

> ちょうど昨日6日、この元本能寺に行ってました。
> ここがかの有名な歴史の舞台になったかと思うと、感慨深いですね。
>
> それにしても六文銭さんは、いろいろと詳しいですね。
> いつも読ませていただいて、勉強しています。

★merry様
こんにちは。コメント有難うございます。昨日は京都にいらしてたんですね。この時期の京都はとても寒そうですね。
「元本能寺」ですが、今は老人ホームになっていると思いますが、以前は小学校だったんですよね。お寺さん自体は秀吉が別の場所に引っ越させてしまい、そちらに今でもありますが。
ところで信長の遺体はどこへ行ってしまったのかも気になりますね(汗)

NHKアーカイブス

>NHKアーカイブスでも行けば見られますかね?

わざわざ埼玉の川口まで行かなくても、愛宕山(都営地下鉄:御成門から10分くらい)の
NHK放送博物館 http://www.nhk.or.jp/museum/
で全部の大河が観られます。おまけに比較的空いていて穴場ですよ。

高橋さんの信長

自刃シーンはTVで見た覚えがあります。
VTRは断片的に残ってるそーですが、話を為す体ではないそうで。

…本能寺の変で面白いのは完全武装の兵隊が洛中に入ってくるときの物音ってすごかったんじゃね?
って疑問が提出されてたことですかねェ。

考えてみれば行軍で一定の速度を出していれば、鎧の擦れ合う音とか足音とかハンパない…。

何故信長は事前に敵襲を察知できなかったのか?
いろいろな角度でいろいろな疑問のある「本能寺の変」、これからも色々な説が出るのでしょうね。

歴史スキーとしては楽しみです。

Re: NHKアーカイブス

> >NHKアーカイブスでも行けば見られますかね?
>
> わざわざ埼玉の川口まで行かなくても、愛宕山(都営地下鉄:御成門から10分くらい)の
> NHK放送博物館 http://www.nhk.or.jp/museum/
> で全部の大河が観られます。おまけに比較的空いていて穴場ですよ。

★柴様
ご教示ありがとうございます。実は三年前くらいに愛宕山の博物館へは行ったことがあるのですが、映像が見られるブースがあることには気づきませんでした。その時は過去の大河ドラマの衣装の展示を見に行ったんですが。
時間のある時にまた足を運んでみたいと思います。

Re: 高橋さんの信長

> 自刃シーンはTVで見た覚えがあります。
> VTRは断片的に残ってるそーですが、話を為す体ではないそうで。
>
> …本能寺の変で面白いのは完全武装の兵隊が洛中に入ってくるときの物音ってすごかったんじゃね?
> って疑問が提出されてたことですかねェ。
>
> 考えてみれば行軍で一定の速度を出していれば、鎧の擦れ合う音とか足音とかハンパない…。
>
> 何故信長は事前に敵襲を察知できなかったのか?
> いろいろな角度でいろいろな疑問のある「本能寺の変」、これからも色々な説が出るのでしょうね。
>
> 歴史スキーとしては楽しみです。

★トマ様 こんばんは。コメント有難うございます。
 
 そうですね。「本能寺の変」本当に色々な推理が出てきて当然だと思います。あれだけ猜疑心の強い人(信長)が、直前まで明智軍の襲来に気づかなかったのは不思議ですね。
 手下の間者などもいたでしょうし、なんらかの知らせはなかったんでしょうか。
 信長にとっては、嫡男の信忠も同行させていたのは失敗でしたね。信忠が生きていれば、仮に信長が死んでも織田政権は引き継がれた可能性はありますね。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。