スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗山大膳の墓(黒田騒動)

栗山大膳

 つづき

 主君・黒田忠之を「謀反の疑いあり」と幕府に訴えでた家老の栗山大膳ですが、大膳の父・栗山備後は黒田如水からすれば「命の恩人」にあたる人物でした。というのは、如水が官兵衛と称していた頃、有岡城の荒木村重のもとへ乗り込んだ時に捕らえられ、土牢に幽閉されましたが、それを救出したのが家臣である備後だったのです。このように主家である黒田家と栗山家は非常に緊密な関係にあったわけです。
 
 そういう背景があった上で、栗山大膳にしてみれば黒田家の第一の臣という自負があったでしょうし、彼は漢学の素養にも通じた教養人であって、若い藩主を厳しく「教育」しようとしたのかもしれません。
 ですが、その主君は残念ながら凡庸であって、次第に大膳の忠言を疎んじるようになっていきます。そして、倉八十太夫という足軽上がりの若い側近を登用し、大膳を遠ざけようとしたため、忠之―大膳の間柄は次第に険悪なものになっていきました。

 そして先述したように大膳の「告発」に至るわけですが、この時大膳はまず、日田の代官であった竹中采女正に訴え出ています。この竹中という人物は苗字を見ればわかるように、かの竹中半兵衛の甥にあたる人物です。大膳は故意に黒田家と縁のある人物を利用しているわけです。
 大膳の訴えは数十カ条にわたったそうですが、中には件の忠之が全く身に覚えのない内容も含まれていたようです。ある事ない事、いろいろ書いてたんですね(汗)

 訴え出られた幕府の方は幕閣が協議の結果、黒田忠之は政事不充分により藩領召し上げ、ただし父・長政の功に免じて旧領をそのまま与える。栗山大膳は「乱心」の上、主を訴えたかどで奥州へ配流。倉八十太夫は高野山へ追放というきわめて寛大な「判決」が下ったわけです。
 栗山大膳がこのような思い切った行動に出ても黒田家が取り潰されなかったのは、徳川家康が忠之の父・長政に宛てた「感状」があったからだと言われています。(大膳もそれを承知の上で、主君を告発した)
 お家騒動には必ず切腹等に処せられる犠牲者がつきものですが、「黒田騒動」の場合、一人の死人も出さずに事が決着をみた点が特異といわざるをえません。
 10年前くらいに黒田騒動に関する本を読んだのですが、当時の私にはこの騒動の顛末がイマイチよくわかりませんでした。
 それもそのはずで、幕末維新の際に黒田家では重要な書類を焼却してしまっており、黒田騒動をはじめ、その時失われた資料が多かったようです。

 判決後、大膳は長男と共に奥州・盛岡藩へ配流されました。「罪人」でありながら、盛岡の南部家からは百五十人扶持を与えられ、悠々自適の人生を送ったようです。盛岡ではお妾さんまで置いて、子供を生ませたりしています。その子孫は南部家に仕官しています。
 そして、二度と福岡の地を踏むことなく、承応元年(1652年)に62歳をもって他界しました。
 お墓は岩手県盛岡市内の愛宕山という所にあります。3年前に現地へ行ったのですが、途中で場所がわからなくなって、近くの寺で訊いた覚えがあります。
 蛇足ですが、盛岡~福岡間の距離 実に1172kmもの距離があります。これまで47都道府県のお墓参りをコツコツやってきましたが、こうしてとある事件の当事者の墓を、遠く離れたそれぞれの地で参詣でき、ある種の感慨があります。


★よろしければ、下記バナーをクリックお願いします★
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ 
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 有名人の墓(か行)

コメントの投稿

非公開コメント

海音寺さんの御本だと、

なんちゅうか傲然とした印象を受ける栗山大膳ですよね(笑)

お父さんはあんなに律儀で、篤実そうなのに…2代目で性格激変!

配流先で妾…。
相当なかぶき者だったのかもしれませんね(笑)

Re: 海音寺さんの御本だと、

> なんちゅうか傲然とした印象を受ける栗山大膳ですよね(笑)
>
> お父さんはあんなに律儀で、篤実そうなのに…2代目で性格激変!
>
> 配流先で妾…。
> 相当なかぶき者だったのかもしれませんね(笑)

★トマ様
コメント有難うございます。海音寺さんの本ですか。これはちょっと読んでなかったですね。

栗山大膳ですが、とらえどころのない人物なので、ブログを書くのも苦労しました。ちょっと変わった人だったんでしょうかね。流人になってもお妾さんに子供生ませてたり、悠々自適なのは微笑ましいですなあ。

私、栗山大膳の子孫です。

子孫ですが栗山大膳の事は全く知りません。昔、母からは昔の映画になった事があって、悪者扱いだったと聞かされてました。
以前、ネットで検索してもあまり出てこなかったのですが、NHKのドラマが始まって久しぶりに検索したら沢山出て来てまして、なんだか少し嬉しいです。

Re: 私、栗山大膳の子孫です。

 栗山様

 はじめまして。コメントどうも有難うございます。


> 子孫ですが栗山大膳の事は全く知りません。昔、母からは昔の映画になった事があって、悪者扱いだったと聞かされてました。
> 以前、ネットで検索してもあまり出てこなかったのですが、NHKのドラマが始まって久しぶりに検索したら沢山出て来てまして、なんだか少し嬉しいです。

 
 以前、盛岡へ参りましたとき、貴方様のご先祖様の墓参をさせていただきました。
 
 ご先祖様は主家を救って、流罪になったのですから「悪人」ではありません。また、黒田官兵衛の「合子形」の兜(お椀型の)は大膳によって盛岡へ伝えられたものです。
 大河ドラマの影響で、大膳の生き様が再認識されることでしょう。ご先祖様は「もののふの心」をお持ちだったので、どうかそのことに誇りを抱いていただければよろしいかと存じます。

我が家のご先祖さまですが富山県と大膳さんと繋がりがあるらしい

自分の旧姓栗山家の家計図を作ろうと謄本を遡ってみたら富山県で途絶えてしまいました。謄本は古くて廃棄されてると知らせがありました。栗山家と何か繋がりがあるのか疑問を持ちつつ、たまたまこちらのブログを見つけました。我が家のご先祖さまは大膳さんと聞いてましたが。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。