スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮下英樹氏『センゴク外伝・桶狭間戦記』

 静岡戦國祭に協力した漫画家の宮下英樹氏の原画パネル展が、祭の当日(23日)より駿府公園内の巽櫓で開催中です(2月27日まで)東御門、巽櫓の入場料として200円かかります。
DSCF0320.jpg

 宮下氏は『センゴク』という歴史漫画を連載していたということなのですが、私はこの手の漫画をほとんど読みませんので、残念ながらストーリーがわかりません。
 ただ、イラストそのものはなかなか迫力がありました。

 この日、午前中メイン会場では宮下氏のサイン会が行われていましたが、午後のシンポジウムの後もミニサイン会をしてくださるということで、メイン会場の受付で予め3冊ほど氏の漫画本を購入しておき、シンポ終了後に3冊ともサインしていただきました。
宮下英樹

 ファンを大切にされているみたいで、丁寧にサインしていただきました。3冊の中の1冊、イラスト入りのものをご紹介します。描いてくださったのは織田信長の横顔でしょうか?
DSCF0377.jpg

 帰ってから漫画を少し読んでみましたが、首実検のシーンなど細かい部分の考証がよく出来ていました。かなり勉強されているというか、取材力があるように思いました。元々歴史がお好きなのでしょうね。歴史がお好きで、しかも絵もお上手なのは羨ましい限りです。
 宮下先生、どうも有難うございました。

 宮下先生の作品はコチラ↓↓↓
センゴク外伝 桶狭間戦記(5) <完> (KCデラックス)センゴク外伝 桶狭間戦記(5) <完> (KCデラックス)
(2010/12/29)
宮下 英樹

商品詳細を見る



 以上で「第一回静岡戦國祭」の記事は終わりです。全体的な感想ですが、人出がイマイチだったかなあと。もうひとひねり、企画を立てたほうがいいかも、と思いました。まあ最初で告知不足もあるでしょうし、今後の展開に期待したいところですね。
 最後に、「Shizuoka城と戦国浪漫」のHPをご紹介しておきます。(←クリックでHPに飛びます)
 これによると、なんと静岡県内には700以上もの城跡があるんだとか。私などはこれまで、せいぜい両手で数えるくらいしか行ったことがありませんが、今後の城巡りの参考にさせていただきます。(かなり詳しいです)

              この項終わり




  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ   
関連記事

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。