スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田長政の墓

  黒田長政の墓

 黒田如水(孝高)の隣には息子さんの長政(1568~1623年)の墓がありました。
 天正5(1577)年に父が織田信長に臣従すると、まだ松寿丸といっていた長政は信長の元へ人質に出され、羽柴秀吉に身柄を預けられます。この時、彼はまだ数えで十歳でした。
 それから5年後の天正10(1582)年、長政は秀吉の中国攻めに従軍したのを皮切りに、秀吉の数々の戦に加わっています。
 天正17年に父・孝高の致仕によってその所領を継ぎました。
 天正19年からの朝鮮出兵(文禄・慶長の役)にも加わっており、二度とも朝鮮に渡っています。このうち、慶長の役での有名な蔚山城の籠城戦で加藤清正の救援に向った長政でしたが、その折に敵軍をあえて追撃しなかったことを軍奉行が秀吉に報告したため、秀吉はこれに怒り、長政は蜂須賀家政と共に謹慎蟄居の上、領地部分没収の憂き目に遭います。この時の事で、石田三成の息がかかった軍奉行が己のことを讒言したものと考え、三成を恨んだ長政は、秀吉の死後は徳川家康に急接近します。秀吉の養女として嫁いできた正室(実は蜂須賀正勝の女)をわざわざ離縁し、家康の養女となった保科正直の娘を娶るのです。この辺の変わり身の早さには脱帽です。

 後は皆様ご承知の通り、関ヶ原では積極的に家康に与し、裏では根回し交渉を行う等目覚しい働きを見せています。(吉川広家などは見事引っかかりました)この辺は父親の血を見事受け継いでいますね。すなわち、機を見るに敏なのです。
 そして、戦後の論功行賞で52万石で筑前一国を与えられ、長政は晴れて「国持ち大名」となったのです。

 結果論ですが、長政はなかなかうまくしてやったなあという感じです。幼少の折から人質生活を送り、戦を重ねる中で情勢を冷静に見る目が養われたのでしょう。如水―長政の二代のリレーで、過酷な戦乱を乗り越え、やがて到来した泰平の世では大藩の大名として子孫は幕末まで続きましたとさ。めでたしめでたし(-人-)
 
 
★今年も墓めぐりを頑張って参りますので、できましたら下記をクリックお願いいたします★
  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ   
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

tag : 有名人の墓(か行)

コメントの投稿

非公開コメント

黒田家

>泰平の世では大藩の大名として子孫は幕末まで続きましたとさ

江戸時代に多くの藩がお家取り潰しの憂目にあった中で、黒田家が幕末まで続いたというのは、なかなか立派ですね。
やはり始祖である如水、長政が、しっかりした精神性を示し、代々それが伝えられたのでしょうね。

Re: 黒田家

merry様 コメント有難うございます。
筑前黒田家ですが、二代目の忠之の時に有名な「黒田騒動」というお家騒動がおこります。(ブログで後述する予定です)
しかし、すったもんだの末、何とか切り抜け、家が存続しましたね。関ヶ原での長政の働きが加味されたのかなあ・・・と思っています。

はじめまして。

はじめまして。
勝手にTBさせていただきました。

Re: はじめまして。

> はじめまして。
> 勝手にTBさせていただきました。

★sakanoueno-kumo様

 はじめまして。当ブログへようこそ。歴史系のネタで合致するものがありましたらどうぞご自由にTBしていただいてかまいません。どうも有難うございます。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。