スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博多崇福寺(黒田家墓所)

 福岡・柳川行きの途中、少々時間に余裕がありましたので、博多で墓めぐりを行いました。
 博多へは何度か来ていますが、いつも福岡空港利用のためのみで、史跡めぐりはあまりしたことがありません。
 以前福岡に来た時に時間切れで行けなかった史跡を辿ります。

 崇福寺 臨済宗の寺院です。筑前藩主黒田家の菩提寺です。
崇福寺

 こちらをお読みの方の中には、「またお寺ですかあ?」と飽き飽きされている方も中にはおいででしょうが、ところがどっこい。
 お寺さんには、廃城となった城の遺構が移築されて残っている場合がとても多いのです。こちらのお寺の山門も、実は福岡城の本丸表御門だったものを、大正時代に払い下げられたということです。
 崇福寺にはこのほかに福岡城から二基の櫓が移築されていましたが、現在は解体保存されているということです。

 門をくぐり中に入りますと、さすがに黒田家の菩提寺とあって広い境内でした。
 このお寺にはもう一つ、お城の遺構があるのです。

 こちらの唐門は、小早川隆景ゆかりの名島城の遺構と伝えられています。門前の紅葉がとても鮮やかでした。
崇福寺 唐門

 唐門を撮影した後、黒田家墓所へと向かいます。墓所は境内の奥まった場所にありました。
 しかし、門扉には鍵がかかっています。
黒田家墓所

 仕方がないので、一旦引き返して庫裏の方へ伺い、呼び鈴を鳴らすと、中から作務衣を着た女性の方が出てこられまして、三つ指つかれて丁重に挨拶されてしまいました。(多分、住職夫人) 用件を告げますと、墓所の鍵を貸していただけました。出てきて下さった住職夫人?はとても丁寧な物腰で、行き届いた方だなあと思わず感心してしまいました。

 墓所の門扉を開けて、中に入ります。芝生の上に墓塔が数基建っております。
 なお、現地の案内板によると、平成17年3月の福岡の地震で墓塔が被害を受け、一部造り直したものもあるようです。
黒田家墓所2

 次回はあの有名戦国武将のお墓をご紹介します。


より大きな地図で 崇福寺 を表示


 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ   
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ひょっとして

頭巾をかぶったあの方かしら。楽しみですね。
本文を見てからコメントします。

 崇福寺

なかなか立派な山門ですね。
なるほどお城の遺構ですか・・見ごたえがあります。

お城も好きだけれど、お寺もお墓も大好きです。
飽きたりしませんので、どしどし記事を書いて下さいね。

Re: ひょっとして

> 頭巾をかぶったあの方かしら。楽しみですね。
> 本文を見てからコメントします。

柴様 こんばんは。正解です。
   さきほどアップしました。

Re:  崇福寺

> なかなか立派な山門ですね。
> なるほどお城の遺構ですか・・見ごたえがあります。
>
> お城も好きだけれど、お寺もお墓も大好きです。
> 飽きたりしませんので、どしどし記事を書いて下さいね。

merry様
こんばんは。コメント有難うございます。筑前黒田家はやはり52万石の大藩ですので、藩主の菩提寺は格式がありますね。
お励まし有難うございます。ある知人に、「お墓なんか調べてて何が楽しいの?」といわれてしまいましたが・・・マイペースで頑張ります♪

藤香会のふじさきです
   
崇福寺境内 黒田家墓所の入り口 藤水門(とうすいもん)を
平成25年より開門します 開門時間 午前9時〜午後5時

Re: 情報ありがとうございます

 ふじさき様

 はじめまして。コメントどうもありがとうございます。

> 藤香会のふじさきです
>    
> 崇福寺境内 黒田家墓所の入り口 藤水門(とうすいもん)を
> 平成25年より開門します 開門時間 午前9時〜午後5時

情報有難うございます。
私がお寺へうかがった際は鍵をお借りしましたが、このように公開していただける運びとなりましたのは大変喜ばしいことですね。黒田家ご子孫様、お寺様に感謝です。

また福岡へ行った際はぜひお参りしたいと思っております。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。