スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳川藩主立花家別邸 「御花」

 「立花宗茂展」の展示会場だった史料館は、柳川藩主立花家別邸の「御花」という施設の中にありました。「御花」とは江戸時代中期より、藩主の側室やその子供たちが暮らしていた別邸です。柳川城からはやや離れています。
 維新後、立花家は華族になりましたので、この御花の地に洋館を含むお屋敷を建てて、当主とその家族の住まいとしました。
御花1

 戦後になって、立花家では今まで暮らしてきた屋敷を利用して、料亭経営を始めます。それが元となり、現在ではホテルや食事処、史料館を備えた文化施設となって、柳川の観光スポットになっております。
 柳川には一日半いたのですが、土日とあって、多くの観光客が訪れていました。
 洋館の建物も素敵でしたが、あいにく中で結婚式の準備をしていて、内部はよく見ることが出来ませんでした。
御花2

 本館(和風建築)の入口には、立花宗茂の等身大の人形があって出迎えてくれました。
PB200088.jpg

 松濤園。国指定名勝の庭園。クロマツが多数植えられており、手入れが行き届いています。左側に大座敷があります。(この日は何かの集まりがあって宴会場になっていました)
松濤園

 折角ですので、「御花」の中にあったレストランで食事していくことにしました。あいにくこの日、私は風邪気味で微熱もあって、体調がイマイチだったため、他所のお店を探すのも億劫な感じだったんですね。館内に2,3箇所食事処がありましたが、団体さんや結婚式?関係の人たちがいたので、「集景亭」というレストランが空いていたため、そこへ入りました。柳川といえばウナギが有名なので、一度はウナギを食べてみたいと思っていましたので、注文してみました。「うなぎのせいろ蒸し」2300円?くらいでした。ウナギがやわらかくて美味しかったです。
PB200097.jpg

 ただ・・・お料理は良かったのですが、そこにいた店員の態度に疑問が。
 たまたま私が入店した時、先客は誰もいなかったんですけれども、私たちが食事している隣のテーブルで店員二人が配膳の練習をしてるんですね。隣席には「予約席」の札があり、どうもそこに後からコース料理の客が来るらしい。
 で、先輩らしき店員が若い店員に、「これはこうやってお出しして・・・」と大声を出して、身振り手振りで「予行演習」を色々やっているわけです。後ろにいる我々にはお構いなく・・・。そういう事は厨房でやればいいのに。

 こちらには水やお茶のお代わりも持ってこないし、まったく無視されているようで何だかなあ・・・と思っていると、その予約の客二人がやってきました。私が予想した通り、その隣席の客はコースを注文していたようで、店員達は私たちには見せない笑顔で愛想よく「予行演習」通りに配膳していましたが。(そりゃそうですよね。コースの客のほうが正直儲かるのですから)

 やれやれと思い、会計をして店を出ましたが、入口に「立花宗茂弁当」の告知を発見。史料館での「立花宗茂展」の関連企画メニューということで、店の人に聞いてみたらランチのみでしか提供していないとのこと。
 じゃあ、明日もう一度お昼に来てみようと思い、レストランを後にしました。
PB210264.jpg

 (ページの開閉をクリックしてください↓↓↓)
 で、翌日のお昼にもう一度同じレストランにやってきたわけです。注文してから30分近く待たされ、ようやく「立花宗茂弁当」が出てきました。(※現在はすでに終了しています)一人前2500円也。

 宗茂が食べたであろうと思われる当時の食事をアレンジしているんだそうです。
 中でも、赤飯となますは、宗茂が放浪中に民家で赤飯となますをふるまわれ、ヤナギの枝を削ったもので赤飯を食べ、なますを手の甲にのせて食べたという故事にもとづいているのだとか。
 黄飯はクチナシで色をつけた文字通り黄色のご飯で、大分県臼杵の郷土料理だということです。スペインのパエリヤから由来している?らしいです。おかげさまで、なかなか美味しくいただけました。
立花宗茂弁当

 ところが、入口の写真と比較するとどうも一皿足りないような気がしたのです。会計をして建物を出てからちょっと変だな・・・と思い、夫に
「今の食事さ、何か一皿足りないような気がするんだけど・・・」
と言ったところ、
「(食事は)済んだんだから、もういいじゃん!」と彼はけげんそうに言って、早足で歩いていってしまいました(汗)うちの人は良い人なのですが、少々せっかちなんですね。

 で、私は帰ってきてから「御花」のスタッフブログを確認したところ、やっぱり私が思ったとおり一皿足りなかった。デザートが出てきていなかったのです。(しかし、私も変なところで細かいものです…)店員が出すのを忘れていたのでしょう。混雑しているのならともかく、私たちの他に客は二組しかいなかったのに。店員がお客の方をよく見ていないから、こうなるのです。

 今更言っても仕方ないのですが、結婚式も挙げられるような格式の高い施設内にあるにもかかわらず、サービスがよくないというか、店員の態度がイマイチなのです。
 前日の他の客の前での「配膳の予行演習」といい、料理の出し忘れといい、残念なお店であったことは確かです。
 柳川にはまた再訪したいと思いますが、このレストランには二度と来ることはないでしょう。
 


★ブラウザを閉じる前に、ぜひこちらに応援クリックお願いいたします★
   にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

宗茂弁当

これ、美味しそうですね。
わざわざ、翌日にもう一度行かれたとか。
こういうのがあるのを知ると、ぜひ食べてみたくなるその気持ち、分かりますよ(笑)

Re: 宗茂弁当

> これ、美味しそうですね。
> わざわざ、翌日にもう一度行かれたとか。
> こういうのがあるのを知ると、ぜひ食べてみたくなるその気持ち、分かりますよ(笑)

merry様
コメント有難うございます。このお弁当なのですが、煮物などが小さい器にこじんまりと乗っていて、味は美味しかったです。
こういう企画ものというか、昔の食事を再現したものとかは思わず頂いてみたくなりますね(笑)
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。