スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳川お堀めぐり

 柳川は水郷の町でもあり、観光の目玉としてお堀めぐりが有名です。
 私も市街を歩いているときに、お堀めぐり中の渡し舟(「どんこ舟」と呼ぶらしい)を見つけました。
柳川お堀めぐり

 お城めぐり、お墓めぐりもいいのですが、やはりここまで来たらフツーの観光もしてみたいのが人情。
 その時、運よく近くに船乗り場を見つけましたので、すでに何人かの乗客を乗せて今にも漕ぎ出そうとしていた渡し舟に乗ることが出来ました。
 なお、船乗り場は市街に6箇所あって、それぞれ担当の運行業者さんが違うそうです。
 私が乗った舟の船頭さんは若い人で、まだ20代という話でした。
PB210215.jpg

 舟に乗ってすぐのところに、「柳川城堀水門」がありました。現地案内板によると、この水門は城内に入るための唯一の水門で、城の防禦のために築かれたということです。有事の際、この水門を閉め、矢部川の堤防を切り崩して水を入れると、城内、柳河、宮永を残して周辺は水浸しとなり、あたかも島のような状態になるということです。つまり、柳川城は水城ということですね。
 同様の水城には佐賀城(佐賀県)ですとか、小説「のぼうの城」で有名になった忍城(埼玉県)などがあります。
 柳川城堀水門1

 上から見た水門。
 柳川城堀水門2


 ここで舟はいったん元の船乗り場の方へ引き返し、ゆっくりと終点の御花方面を目指して進んでいきます。
 途中に出会った白鷺。人慣れしているのか動ずることなく水浴び中でした。のどかな風景です。その他、鴨や亀などにも遭遇しました。
 白鷺

 柳川のお堀ですが、かなり幅がありますね。ただし、この日は直近で雨の日が少なかったため、水量も少なかったです。
 PB210223.jpg

 その時、船頭さんの「前方をご覧ください。あちらから嫁入りの舟が来ましたよ!」との声。
 和装姿の花婿と花嫁、そして親族の方たちが乗った舟が近づいてきました。船頭さんによる寿ぎの唄?が聞こえてきます。澄みわたる秋の空のもと、嫁入り舟は御花方面からやってきたのでしょう。なかなか風流な結婚式ですね。

 新郎新婦は私と同世代かちょっと上くらい?にお見受けしましたが、落ち着いた大人のご夫婦といった雰囲気でした。お二人とも緊張した面持ちでしたが、こみ上げてくる喜びを噛みしめておいでのようでした。
 もちろん、同行している親族の方たちも一様に楽しげです。なんだかこちらまで幸せを分けてもらったような、そんな感じでした。
 「袖振り合うも多生の縁」と昔から申します。こちらの舟とすれ違いざま、私たちは「おめでとうございます!」と手を振って、祝福させていただきました。
PB210225.jpg

                     つづく


 関連記事 ぐるっと松江「堀川めぐり」


  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

私は15の時に船頭のバイトしてましたよ。
高校生の船頭さんが当時かなり多くて楽しかったです。

川下り結婚式は以前は担当する会社が決まっていたようですが船の色見るかぎりでは「水郷観光」のようですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

うなぎ指様

> 私は15の時に船頭のバイトしてましたよ。
> 高校生の船頭さんが当時かなり多くて楽しかったです。
>
> 川下り結婚式は以前は担当する会社が決まっていたようですが船の色見るかぎりでは「水郷観光」のようですね。

★コメント有難うございます。15歳で船頭さんをされていたとはすごいですね。小舟ではあっても、一人で漕ぐのは大変だったのではないですか?
 私がたまたま乗船した舟の船頭さんは、現在他社も含めて一番自分が若いと言ってました。
 
 川下り結婚式ですが、とても素敵でした。一生の思い出に残る結婚式ですよね。
 川下りの業者さんは6社くらいあるようですね。

柳川

川下りで花嫁さんとすれ違うなんて、いい体験でしたね。
私が柳川に行った時にも結婚式があったようですが、向こうの方にちらっと見えただけでした。

ところで、「忍城」って、石田三成が水攻めに失敗した城ですね。
小高い所に立っている城だと思ってました。

Re: 柳川

> 川下りで花嫁さんとすれ違うなんて、いい体験でしたね。
> 私が柳川に行った時にも結婚式があったようですが、向こうの方にちらっと見えただけでした。
>
> ところで、「忍城」って、石田三成が水攻めに失敗した城ですね。
> 小高い所に立っている城だと思ってました。


★merry様
コメント有難うございます。柳川の川下り結婚式ですが、間近で拝見できてとても素敵でした~(´∀`)♪
もう一度結婚式が出来るなら、是非やってみたいところです(笑)

埼玉県の「忍城」ですが、関東平野の中にあるので、お堀がなかったらすぐに攻め込まれてしまうような城です。水城とはよく考えたものだと思います。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。