スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【坂の上の雲】戦艦三笠の運命(三)

三笠司令部の人々

 明治38年時の聯合艦隊司令部の方たちの記念写真です。(↑クリックで拡大します)前列中央が東郷元帥、一番右が秋山真之です。お二人とも威厳のある顔立ちをしておられますが、自分がつい注目してしまったのは、後列の一番右側におられる清河純一大尉です。現代でも通用するような、男前の顔立ちをしておられました。(*^ω^*) (蛍光灯が反射して見にくいですけどね)
 東郷元帥のすぐ左側にいる人は当時参謀長だった加藤友三郎少将で、外見は痩せていて貧相な感じでしたが、後に政治力を発揮し、首相にまで登りつめます。

 
 厨房。それなりに美味しい食事が提供されていたらしい。
 DSCF0192.jpg

 風呂&トイレ 
 DSCF0190.jpg

 当時機関長だった山本安次郎が使用していた部屋。この下の甲板にこれと同仕様の秋山真之の部屋があった。(現存せず)
 DSCF0186.jpg

 参謀長室? 何の部屋だったか失念しました。
 DSCF0179.jpg

 司令長官の寝室。
 DSCF0184.jpg

 艦長公室。日露戦争時は伊地知彦次郎(後に海軍中将)が艦長を務めた。
 DSCF0194.jpg

 士官室。大尉~中佐までの公室。中尉以下はこの下の甲板にあり、「ガンルーム」と呼ばれていた。
 DSCF0182.jpg

 司令長官公室。連合艦隊の作戦会議やVIPの晩餐会等が行われた部屋で、この部屋にある机は三笠が英国で建造された際に積み込まれたもの。両舷にはキャビン砲が備わっている。
 DSCF0205.jpg

 司令長官居室。造付家具は英国製造時に設置したもの。明治天皇の御真影や現在の皇室の方々のお写真などが飾られていた。
 DSCF0197.jpg

 東郷平八郎の遺髪が祀られていた。
 DSCF0206.jpg

 
 以上、中甲板の展示はこのような感じです。これだけ甲板の中の部屋が広い戦艦も珍しいとのこと。
 戦艦三笠がこのように紆余曲折を経て、現在に至るまで保存されてきた経緯が少しでもお分かりいただけましたでしょうか。
 
 この日、見学会に参加した人たちはほとんどが60代~70代くらいのご年配の男性ばかりで、肩身が狭かったです。
 一人だけ私と同年配そうな女の人がいたので話かけてみたところ、はたして私と同い年だそうでラッキーでした(笑)。彼女はこういう軍事関係の歴史に興味があるんだそうです。女性なのに殊勝なことだと思いました。

 
  人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  
関連記事

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

質素。

写真…秋山のじゅんさんは確かにちょっとガイジン顔ですね。
お兄さんホドではないですが(笑)

それよりも、東郷さんの勲章は一個(デカイですが・笑)、モールはナシというすこぶるシンプルな制服姿がすがすがしいなと思いますた。

ハセガワから出てる「三笠」作ろうかしら…。

トマ様

彫の深い秋山さんも広瀬さんも、お髭が立派ですよね~。カイゼル髭とかあの辺でしょうか。

東郷さんは意外に小柄な印象を受けました。地味な方だったのでしょうか。

三笠のもけー、作ったらぜひうPしてくださいね。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。