スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬 人生最後の旅路(二) 龍馬と横井小楠 三岡八郎

     横井小楠・三岡八郎

 松平春嶽は安政5年(1858年)、熊本藩士・横井小楠(写真左 1809~1869)を政治顧問として迎えました。かねてから小楠はその進歩的な思想が地元の熊本では受け入れられず、不遇の身を囲っていました。
 小楠は藩校明道館で講義をしながら、開国通商と殖産興業による富国強兵論を提唱し、福井藩の藩政改革を推進しました。その小楠から指導を受け、福井の特産品である絹や生糸を長崎から海外へ輸出してその富で藩の財政を立て直そうとし、結果として藩に50万両を貯えさせたという福井藩士・三岡八郎…後の由利公正(1829~1909年)です。上の写真は、小楠が熊本に一時帰国する際に、長崎での物資販路を開拓するため三岡と共に旅立った時の姿です。

 さて、坂本龍馬ですが横井小楠とは元治元年(1864 年)2月に熊本で会っています。その折、小楠から「国是七条」を説かれた龍馬は、小楠の考えに大いに心服したといいます。小楠の「国是七条」は、後に龍馬の「船中八策」の基となりました。
 このように、龍馬の思想というのはぶっちゃけ「耳学問」なんですね。一人の師について系統的に学問するというのではなく、いろんなところに出向いて偉い人の話を聞いて、その大意を知るというか・・・龍馬は理屈でというよりも、感覚で物を考えることに長けていたのではないか、と思われます。

 龍馬が二度目に来福した文久3年5月、龍馬、小楠、三岡の三人は互いに語らう時間を持ちました。この時、三岡は龍馬とは初対面でした。
 三岡の後年の回想によると、
「これより先は、勝海舟によって小楠を知り、熊本にも越前にも往来したので、私とも知り合いになった。
 小楠の邸宅は私の家と足羽川を隔てて向かい合って居た。ある日、親戚の招宴でおそく帰った処、夜半に大声で戸を叩く者がある。出てみると、小楠が坂本と一緒に小舟に棹さして来た。そこで三人が炉を抱えて飲み始めたが、坂本が愉快極まって――君がため捨つる命は惜しまねど 心にかかる国の行く末――という歌を謡ったが、その声調が頗る妙であった。翌朝、坂本は勝と大久保(一翁)に会いに行くという事で、江戸に向かった」
ということです。

 三岡八郎(由利公正)旧居跡の石碑 福井市毛矢1丁目
  DSCF4754.jpg

 龍馬が訪れたという三岡の家は、明治以降の河川工事により、足羽川の川底へ沈んでしまいました。
 現在は「幸橋」という橋がかかっていますが、当時は橋がなかったので、対岸に家があった小楠は龍馬を伴って深夜に小舟でこの川を渡ったのです。
  DSCF4758.jpg

 川の対岸にある横井小楠の居留宅跡 福井市中央3丁目
  DSCF4765.jpg

                       つづく



大きな地図で見る



★100名城完全制覇を目指して!皆様からの応援がとても励みになります!★
 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

福井へ行ってきました。
そして、この由利公正宅跡と横井小楠居留宅跡の碑も写真に納めて来ましたよ。
こういった碑を探すのは大変ですね(笑)

おかえりなさいませ

> 福井へ行ってきました。
> そして、この由利公正宅跡と横井小楠居留宅跡の碑も写真に納めて来ましたよ。
> こういった碑を探すのは大変ですね(笑)


merry様
こんばんは。お帰りなさいませ。ご旅行は如何でしたか?
由利邸の跡は川沿いにあったので比較的わかりやすかったですが…。石碑、表示板などはわかりづらい場所にあることもしばしばですね。たまに移設されていたりしますし(笑)
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。