スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井城御廊下橋

 DSCF4428.jpg

 天守台の石垣です。見事に斜めっていますが、昭和23年の福井震災の時にこうなったようです。
 福井市街は第二次大戦時の空襲と、戦後の震災によって壊滅的な打撃を被り、そこから復興していったのです。

 しばらく天守台をうろうろ歩きまわり、隅の方へ行ったらこんなものが。
DSCF4435.jpg

 本丸と西三の丸御座所を結ぶ「御廊下橋」が復元されていました。これも前回来たときはなかったです。
 福井藩の何代目かの藩主からなぜか本丸を出て、西三の丸に屋敷を構え、そこを日常の住まいとしていました。
 政務は本丸の政庁で行うため、移動のときに藩主自身が渡る橋なので、雨のときなど濡れないように屋根がついているわけです。
福井城御廊下橋1

 そういえば、このブログを開始した今年の4月、和歌山城でも同じような廊下橋を見たので、記事を書きました。そちらも参考にしてください。
 次はお城を出て、福井市内の史跡巡りに移ります。
 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

福井城の哀愁

福井城は柴田勝家・結城秀康・その子:松平忠直と悲劇的な武将のイメージですね。当時の方もそう思ったのか、城内にあった井戸から「福井」の名称にゲン直し改名したとは。そのうち薀蓄に使わせてもらいます。

結城秀康の石像、なんとなく古代のヤマトタケルや坂上田村麻呂の雰囲気です。

昨年私も仕事で福井に立ち寄りましたが、駅舎がきれいになってましたね。いつ開通するかも分からない北陸新幹線の高架もすでに出来ていてビックリしました。あれって少しフライングじゃないかしらねえ。

柴様

> 福井城は柴田勝家・結城秀康・その子:松平忠直と悲劇的な武将のイメージですね。当時の方もそう思ったのか、城内にあった井戸から「福井」の名称にゲン直し改名したとは。そのうち薀蓄に使わせてもらいます。

★こんばんは。コメント有難うございます。
 そうですね・・・結果的に縁起の悪い場所になってしまい、せめて名前だけでも福福しくしたいという意志が働いたのでしょう。


> 昨年私も仕事で福井に立ち寄りましたが、駅舎がきれいになってましたね。いつ開通するかも分からない北陸新幹線の高架もすでに出来ていてビックリしました。あれって少しフライングじゃないかしらねえ。

★駅がきれいになって、明るい開放感が感じられるようになりましたね。
北陸新幹線ですが、一体いつになったら開通するのやら・・・完成すれば随分便利になりますのにね。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。