スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋城本丸御殿内部に潜入!

名古屋城本丸御殿内部 特別公開!」 の続き

 名古屋城本丸御殿玄関部

 名古屋城本丸御殿玄関ですが、今の状態はスケルトンで、柱や梁などが露出しています。ですから、和風建築などに関心のある方も興味深く見学できそうです。
 天井の枠組みはこんな感じ。
DSCF6514.jpg

 これだけで終わりかと思ったら、階段を登り、上方からも見学できた。復元中の本丸御殿、かなり広いんですね。
DSCF6530.jpg
 建築会社の方が屋根に登って作業していらっしゃいました。
DSCF6541.jpg

 夢中で写真を撮っていたら、東海地方のローカルTV局のカメラマンさんから声をかけられてしまいました。
(「続きを読む」をクリックしてください)
「先ほどから随分とご熱心に見られてますね。今日はどちらから?」
と聞かれたので、
「ハイ。東京から1番乗り目指してきました。名古屋城は天下の名城ですから…このように、工事過程も見せていただけるのは新たな感動がありますね。天守閣なども今後立て替えることになったら、出来れば木造復元出来るといいですね」
などと答えたような気がします。

 一通り見終わって、外に出ると、受付前ではさらに長い列が出来ていました。おそらく地元の方が多いと思いますが、皆さん本丸御殿復元へ高い関心を寄せていることがわかります。
DSCF6565.jpg

 些少ではありましたが、本丸御殿復元のための募金もしてきました。募金しようとしているのは、ウチの人です。
 DSCF6550.jpg
 
 募金の記念品として、木のストラップを頂きました。
 DSCF6829.jpg

 
 過去に佐賀城(佐賀県)の本丸御殿や、大洲城(愛媛県)の天守閣の復元などで、ビデオで工事過程を見たことはありましたが、このように間近で見学したのは初めてのことです。
 完成まであと7、8年かかるそうなので、今後、また工事途中での一部公開はあるかもしれません。
 此度の名古屋城本丸御殿玄関の公開は今月26日までの期間限定ですので、ご興味のある方はぜひお出かけになってみてください。
 
 さて、この日お城ではさらにステキなイベントが待っていました。

                    つづく

★拙文が少しでもお役に立てれば嬉しいです。応援いただければ幸いに存じます★
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

本丸御殿復元工事の過程を見られるなんて、面白い企画ですね。
その情報をキャッチされるのが、すごい!

ところで、襖絵・・見事ですね。
こんな風な絵がずら~っと並んで、眩いような御殿が復元されるのでしょうね。

そうそう、熊本城で復元された本丸御殿を思い出しました。
あんな風に出来上がるのでしょうね。

完成したら、必ず見に行きますよ!!

merry様

 こんにちは。
 熊本城の本丸御殿に続いて、大規模な御殿の復元ですから完成がとても楽しみですね。(あと7,8年かかりそうですが)
 襖絵などは、現在、芸大の先生のもとで模写復元が進められているようです。
 建築的にも美術的にも、とても価値のある御殿復元ですね。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。