スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利将軍ゆかりの旧秀隣寺庭園

 朽木陣屋の後、次に向かった先は興聖寺(高島市朽木岩瀬374)という曹洞宗の寺である。陣屋からは南西1.5kmくらいの場所にあるが、寺に至る道が細くて少々わかりにくい。

    DSCF5685.jpg

 受付で拝観料をお納めし、本堂の中に入らせていただいた。重要文化財の木造釈迦如来坐像など貴重な仏像が安置されてあったが、僧侶の方たちが法要の準備らしく、堂内の飾りつけ等でお忙しそうだったので仏像に手を合わせ、早々に出てきてしまった。
    DSCF5691.jpg

 その昔、この地には「秀隣寺」という名の別のお寺があった。慶長年間に朽木宣綱が奥方の京極氏の菩提を弔うため、それまでここにあった朽木家の館である「岩神館」を改め、寺を築いた。
 後になって秀隣寺は今の興聖寺が元あった朽木野尻という場所に移り、代わって興聖寺がこの場所へ移ってきた。つまり寺同士が場所を交換したということになる。少々紛らわしい話である。

 話は遡って、まだこの地に岩神館があった頃の享禄3年(1530年)、室町幕府12代将軍・足利義晴が三好松永の乱を避け、朽木稙綱を頼ってこの地に逃れてきた際、稙綱は将軍のために新しく館を造営した。その折、時の管領・細川高国に依頼して京都銀閣寺を参考に庭園を築いた(国指定名勝)。
 また、跡継の13代将軍義輝もこの地に6年半滞在したので、きっとこの眺めを楽しんだことであろう。
 後にはかの千利休もこの庭園を訪れたことがあるという。

    DSCF5698.jpg

 晩秋の頃には周囲の紅葉が大変見事だという。これからの季節、ぜひ訪れてみたいお寺である。
 (なお庭園のみの拝観も拝観料が必要ということです)


大きな地図で見る

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。