スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖衆来迎寺(森可成の墓)

 坂本城跡公園から車で3分程度で、聖衆来迎寺(大津市比叡辻2-4-17)という天台宗のお寺についた。
 こちらのお寺さんの山門は、坂本城の遺構だと聞いてやってきたのだが…。

聖衆来迎寺1

 しかし、その山門は見当たらなかった。どうやら、解体修理工事中ということらしい。
 同寺には、国宝の「絹本着色六道絵15幅」をはじめ、重要文化財の仏像や仏画が多数所蔵されているそうである。
 境内へ入ってみる。
 
 こちらの客殿も国指定重要文化財とのこと。狩野探幽の襖絵があるそうだ。
聖衆来迎寺3

 こちらは本堂。県の指定文化財で江戸時代の建物だということである。
聖衆来迎寺2
 寺宝は年に一回、8月16日の虫干会(むしぼしえ)に展覧される。それ以外で本堂などの拝観は予約が必要とのこと。

 今回私の目的は、境内にある織田信長の家臣・森可成の墓参である。(-人-)

森可成の墓

 「森可成って誰よ?」と思われるかもしれないが、彼は信長に小姓として仕えた有名な森蘭丸の父親である。
 有名な姉川合戦の後、宇佐山城に拠っていた森可成は、浅井・朝倉連合軍に攻め込まれ、奮戦もむなしく下阪本の地で討死。同寺に葬られた。
 後に信長が比叡山を焼討ちした際、この寺には森可成の墓があったため、焼討ちを免れたといわれている。
 
 森可成の墓の後方には、信長の孫である織田秀信の母(寿々姫)の墓がひっそりとあった。あやうく見逃して帰りそうになった。
 織田秀信母の墓

 織田秀信(幼名・三法師)は信長の嫡男・信忠(本能寺の変で自刃)とこの寿々姫との間に生まれた子である。信忠には正室がいなかったので、この寿々姫が実質的な妻だったと思われる。


   
大きな地図で見る


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

tag : 有名人の墓(ま行) 有名人の墓(さ行)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。