スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美濃を制する者は天下を制す

 先月下旬、所用があり、再び愛知県へ行きました。その折、時間に余裕があったため、お隣の岐阜へ寄っていくことにしました。
DSCF3989.jpg

 2年前に初めて来たときは岐阜駅前が整備事業のため工事中だったんですが、今回はその工事もすでに終了したようで、キレイになっていました。
 そして、ひとつビックリしたんですが、駅前に黄金色?に輝く織田信長の像がいきなり出現していたことです。
DSCF3993_20100913075646.jpg

 これには軽く引きました・・・(^^;)

 駅からバスに乗って5,6分で岐阜城の麓に着きます。
 岐阜城も日本100名城に入っていますが、スタンプは2年前のちょうどこの時期に押印済です。(47城目の登城となりました)

 岐阜城は言わずとしれた、戦国の梟雄、斎藤道三織田信長というこの義理の親子二代にわたる野望を秘めたお城でした。それについては、司馬遼太郎が『国盗り物語』という作品の中で描いています。

 下の写真はすべて2年前に撮影したものです。

 金華山の頂に、復興された天守があります。
DSCF4966.jpg

 お城は天然の要害である長良川を背にしています。長良川は「鵜飼」で有名ですね。
 DSCF5017.jpg

 舅である斎藤道三のほうは、当時「稲葉山城」と呼ばれていた山城及び城下を整備し、永禄10年(1567年)道三の孫である龍興の代に稲葉山城を攻め落とした婿の信長の方は城の名を「岐阜城」と改め、山頂に居住屋敷、麓のほうに居館を備え、居城として整備しました。
 天正3年(1575年)息子の信忠に譲るまで、信長はこの城を「天下布武」を実現するための足がかりとして、城下町の復興に力を注いだといいます。
 
 麓の居館は昭和59年(1984年)から発掘作業が進められています。現在に至るまで、けっこう長きにわたっているんですね。
DSCF5049.jpg

 2年前の八月当時も、4,5人の発掘スタッフの方が猛暑の中、作業に余念がありませんでした。
DSCF5054.jpg

                       つづく


★ランキング参加中 お手数おかけしますが、ぜひご協力お願いします★
 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ   
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

金の信長像…(苦笑)

トマ様

> 金の信長像…(苦笑)

こんにちは!ご無沙汰しております。
いやー、しかし岐阜駅前を出たとき、この信長像が目に入ったときには驚きましたよ。。。(^^;)
岐阜市民の反応はどうなんでしょ?
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。